国際協力・国際交流

プレスリリース

◆リリース◆NPOのボランティアが作った手作り布マスクを地元住民に販売開始

プレスリリース                      2020年4月13日発行 NPO法人のシニアボランティアが作った手作り布マスク地域住民に向けて都内最大級の農産物直売所で販売を開始 ~地元貢献と国際協力をつなぐ取り組み...
国際協力・国際交流

たった44人 増えない難民認定者

2019年の難民認定者数は44人と、法務省が27日発表した。申請者数は1万375人。その内、461人は過去にも認定申請をしたことがある人たちだ。5130人が認定をしない処分に不服があるとして審査請求を行った。 申請者数は昨年から11...
イベント・セミナー

写真と映像展 「分断ヲ手当スルト云フ事」 @福岡 福島、沖縄、ガザ、香港、そして平壌 戦争と平和と差別と格差と無関心を知る

JVCがお世話になっているジャーナリストの堀潤さんが2月19日(水)~2月23日(日)まで、福岡市で個展を開催、堀さんが訪れたパレスチナや平壌、カンボジアなどのJVCの活動地でのことも出てくるとのことです。個展最終日には堀潤さんと弁護士の...
イベント・セミナー

子育て世代が考える国際ワークキャンプの魅力

NICE日本国際ワークキャンプセンターは30周年を迎えました。 これまでのこと、これからのこと、もっともっとたくさんの方と話したい! そんな想いから、世界中から参加可能なオンラインのしゃべり場を企画しました。 各回のトピックは...
国際協力・国際交流

難民向けの大学奨学金、選択肢が広がるーー帝京大加わり「難民高等教育プログラム」 12校に

難民として日本に来た人たちは、経済的な理由で大学へ行くことが難しい人もいる。そういした人たちに大学へ行く機会を提供するのがUNHCR駐日事務所と特定非営利活動法人国連UNHCR協会が運営する「難民高等教育プログラム」だ。2019年は帝京大...
国際協力・国際交流

「若手難民研究者奨励賞」募集

「第8回若手難民研究者奨励賞」の公募(2020年3月23日締切) 「難民研究フォーラム」では、有望な難民研究を奨励し成果の発表機会を提供することで難民研究者の育成に寄与するため、本賞を開催しております。難民研究とは、難民・無国籍問題...
イベント・セミナー

[参加者募集] 1.15開催 シリア難民・シリア内戦の今 -難民支援の現場から-

2011年にアラブの春の一環として始まったシリア内戦から、今年で8年が経ちました。その結果、多くの難民が生まれ、国内に避難した人も国外に逃れた人も、生きるすべや教育の機会を失ったままです。 パルシックは2015年からトルコで、201...
国際協力・国際交流

2050年25億人に急増、世界が注目するアフリカの抱える不安

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が8月、横浜で開かれた。3年ごとに行われるTICADにおいて今年は企業の参加が多かった。ビジネスEXPOでは、156社・団体が出展。注目が集まる要因に、人口の増加がある。国連が出した人口予測では、アフ...
イベント・セミナー

8/25(日)ホロコーストを教材にしたアクティブラーニングを体験してみませんか

ホロコーストの歴史を教材にした、アクティブラーニングを体験してみませんか。写真を使って、「問い」を立て、対話と思考を深めます。講演つきなので、ホロコーストに初めて触れる方も安心してご参加いただけます。教材研究や平和学習に興味のある方はどな...
イベント・セミナー

東ティモール フェアトレード コーヒーツアー

21世紀最初の独立国、東ティモールは有機コーヒーの産地。さんさんと降り注ぐ太陽や山の湧き水の恵みを受け、農家一人ひとりの手作業によってパルシックのフェアトレードコーヒーは作られています。 今年の夏は、東ティモールの美味しいコーヒーと出会う旅...