東京のボランティア募集を”分野別”に紹介「単発・初めて可等~ボランティアセンターでの探し方も

東京でボランティア活動するにはボランティア

東京都内のボランティア募集内容には「子どもの学習支援」や「環境ボランティア」「難民支援」「病院ボランティア」などさまざまあります。多すぎて選べないという方も多いので、ここではまず各分野別オススメ募集情報を紹介します。単発や初めてのボランティアでもオッケーな募集もあります。

数あるボランティアの中からボランティアセンターやウェブサイトを活用して探す方法や始める前に知っておきたい基礎知識も解説しているので参考にしてください。

スポンサーリンク

東京都内の分野別ボランティア情報

子ども食堂ボランティア

子ども食堂とは、子どもが一人でも気軽に立ち寄り食事ができる居場所のことです。全国でどんどん増える子ども食堂はボランティアの活躍によって成り立っていることが多いです。子どもたちだけでなく、夕食の準備をする時間がない親も一緒に参加することもあり、スタッフや地域のボランティアの人たちで一緒にわいわいにぎやかに食卓を囲みます。

ボランティアの内容は、「食事の準備や片付けのボランティア」「学習支援などのボランティア」「食材の提供や寄付といった参加の方法」があります。

一例として、東京都豊島区にある「あさやけ子ども食堂」のボランティア情報です。

子ども食堂の食事は高校生から80歳の方まで、大勢のボランティアで作っています。準備は15時くらいから始めます。

https://www.asayake-kodomoshokudo.com/supporter

学習支援ボランティア

東京都内では小学生・中学生・高校生へ勉強を教える学習支援ボランティアもたくさん募集されています。対象によってさまざまな学習支援があります。

例えば、NPO法人Learning for allが行う学習支援は、親の「経済格差を教育格差にしない」ために、学習指導に力を入れているボランティアです。教える側の大学生ボランティアには研修もあり、指導スキルや子どもとの関わりを学ぶ場にもなります。

墨田区や葛飾区にある学習支援教室で、毎週土曜日に勉強を教えます。3ヶ月スパンで募集があるので、短期でも長期でも関わることが可能です。

同じ学習支援でも、東京都品川区、目黒駅のほど近くにある社会福祉法人さぽうと21というNGOは、難民として日本に在住している人の子どもたちへの学習支援ボランティアです。国籍も年代もさまざまな難民の人たちが、日本語や算数などの学校教科、パソコンの使い方など自分に必要なことを学んでいきます。

ゴミ拾いボランティア

ボランティアの定番のゴミ拾いボランティア。東京の各地で実施されています。ゴミ拾いボランティアで最も有名なのが「greenbird」というNPO法人です。「ゴミ拾いをかっこよく」というコンセプトで若い人たちが緑のおそろいのビブスを着て、東京の各地でボランティアを行っています。

エリアごとにチームとして活動しているので、参加したいエリアをフォローしておくと、開催の情報が得られます。

環境ボランティア

ゴミ拾いも環境ボランティアの一種ですが、ほかにも東京都内で環境ボランティアの募集があります。環境ボランティアは自然があるところで行われるイメージもある通り、東京都内、23区内では多くはありません。

その中でも品川駅から電車で一本。そんな東京の中心地に何種類もの野鳥が集う環境があることをご存知でしょうか。「東京港野鳥公園」には、野鳥だけでなく、里山があり、田んぼがあり、都会ではお目にかかれない大自然が詰まっています。

東京港野鳥公園では、定期的にボランティアが訪れ自然を手入れしています。ボランティアを束ねるのはNPO法人東京港グリーンボランティア。東京港野鳥公園での環境ボランティアスタッフは「グリーンボランティア」と呼ばれています。

炊き出しボランティア

路上生活をしている方たちなどへ炊き出しや夜回りのボランティアをしている団体も東京にはいくつかあります。東京都豊島区の池袋近辺で活動しているのがTENOHASHIというNPO法人です。
毎月第2・第4土曜日に池袋の公園で配ります。調理するボランティアや配食するボランティアなどがあります。

病院ボランティア

病気や怪我をした人に役立つ方法は、医者や看護師になるだけではありません。その一つが病院ボランティア。東大病院や日本赤十字医療センターなど大きな病院では、年間100名以上のボランティアが活躍しています。病院にとってなくてはならない存在です。

日赤も外来でのサポートがあります。入院病棟では、将棋やオセロを一緒に楽しんだり、散歩に付き添ったりします。子ども好きな人には、小児病棟で入院している子どもの遊び相手や食事介助のボランティアもオススメです。日赤には乳児院もあるので、乳幼児のサポートボランティアも可能です。

オフィスボランティア

最後に、あげるのはNPOやNGOでのオフィスボランティアです。東京にはNPO法人数が全国でもっとも多く集まっています。現場でのボランティアだけでなく、団体でボランティアスタッフとして活動すると、NPO法人のスタッフとも仲良くなれたりと、将来、仕事として考えている人にとって参考になるでしょう。
例えば、NPO法人の日本NPOセンターでも事務局ボランティアを募集しています。

事務局ボランティア募集中 | 日本NPOセンター
当センターではボランティアメンバーを募集しています!学校や仕事の合間に、気分転換に、一緒に社会貢献活動をしてみませんか?こちらからお願いする作業をこなすだけでなく、企画を立ち上げたり、希望次第で様々な分野の団体さんたちとの交流もあります。たとえば、「NPOについて知りたい」「短時間でも社会にいいことをしてみたい」「NP...

ボランティアの探し方

いかがでしょうか。
ここまであげた東京都のボランティア情報はほんの一例です。自分の住んでいるエリアやもう少し違う分野で探してみたいという方は東京の各地域にボランティアセンターがあります。そこでボランティアコーディネーターに相談してみることがお勧めです。

以下の記事でボランティアセンター一覧を掲載していますので、一度訪問していただくとさまざまな情報が得られるでしょう。もし大学生であれば、大学内にボランティアセンターがあるところも増えてきているのでチェックしてみてください。

東京ボランティア市民活動センター

ボラ市民ウェブ

また、東京ボランティア市民活動センターは東京のボランティアセンターで最も大きいところです。東京ボランティア市民活動センターの運営するボランティアなどの情報サイト「ボラ市民ウェブ」では、ボランティア募集やイベント情報などさまざまな情報があります。

以下の画像のように、活動テーマ別に最新のボランティア情報がアップされていくので、チェックしてみると関心あるボランティアが見つかるでしょう。

東京ボランティア市民活動センター自体は、東京都新宿区にあり、飯田橋駅からすぐの場所です。こちらでもボランティアコーディネーターの方が相談を聞いてくれるので、ぜひ訪問してみてください。

最後に、ボランティア活動の基礎情報をお伝えします。

ボランティア活動とは

「ボランティア活動」とは「自分のしたいという意志が大切で、喜んでする活動」というのが語源からわかります。種類は多様で環境系や福祉系、子ども関連、横浜市では国際系のボランティア活動も募集されています。

また、ボランティア活動には4つの原則があり、参加する前に、この4点を知っておくことも重要です。

 自主性・主体性
 社会性・連帯性
 無償性・無給性
 創造性・開拓性・先駆性

詳しくは、ボランティア活動とは?のページをご覧ください。