ゴミ拾いボランティア(海・川・まち等)とは・活動内容・募集の探し方・社会課題を解説

ゴミ拾いボランティアとはボランティア

ゴミ拾いボランティアは海や川、街中、公園など様々な活動場所があります。活動内容はゴミ拾いというシンプルなものですが、近年はプラスチック問題が世界中で注目を集めていて、ゴミ拾いボランティアの必要性が増加しています。

この記事では、ゴミ拾いボランティア募集の探し方や募集団体、ゴミ拾いで取り組む社会課題などについても解説します。

スポンサーリンク

ゴミ拾いボランティアとは

二つの目的

ゴミ拾いボランティアには大きく二つの目的があります。一つはもちろん「ゴミを拾ってその場所をきれいにすること」です。海岸のゴミ拾いも街中でも同じですね。サッカーワールドカップの試合で、日本人サポーターが試合後にゴミ拾いをしてスタジアムをきれいにして帰ったことが素晴らしいと話題になったこともありました。

もう一つの目的は意識の変化です。
「ゴミ拾いをするとゴミを捨てなくなる」。これまでゴミ拾いボランティアを経験した人なら「わかる!」と思う人もいるのではないでしょうか。仲間と一緒に1時間くらいゴミ拾いをすると、たくさんのゴミ袋が集まります。そして「こんなにゴミって捨てられているんだ」と驚く人も多いです。そうすると自分はもうそこでゴミをポイ捨てしようとは思わなくなるのです。

活動内容と活動場所

ゴミ拾いボランティア

内容はシンプルにゴミを拾うことです。軍手をしてゴミ袋とトングを持ち、一つずつゴミを拾っていきます。ペットボトルや空き缶、たばこ、ビニール袋などいろいろなゴミがあります。ゴミ拾いボランティア数人で分別しながら集めていき、最終的にゴミ袋を集めて終了です。時間は30分くらいのこともあれば、1時間以上することもあります。

ただゴミを拾うだけではなく、どんなゴミを拾ったかを記録したり、ゲーム形式でゴミを拾ったりと募集団体によってやり方も様々な工夫があるようです。

活動場所は海岸や河川敷、街中、公園、祭りや花火の終了後など選択肢はたくさんあります。ここからはそれぞれの活動場所ごとにゴミ拾いボランティアを説明していきます。

海岸のゴミ拾いボランティアとは

海岸でゴミを拾っていると、たくさんのプラスチック容器やペットボトルが見つかります。海のプラスチックゴミは「世界で年間800万トン」という研究があり、世界中に衝撃をあたえました。こちらの記事にあるように「プラスチックゴミが人体に悪影響を与える」とも言われていて深刻な社会課題となっています。

海にあるゴミの5割以上は陸から流れていったものです。そのため私たちにできることはまず陸のゴミを減らすことです。

ボランティア募集の探し方

日本には様々な海岸があり、各地で海岸のゴミ拾いボランティアが行われています。一つひとつ探すこともできますが、最近はゴミ拾いボランティアを探せるポータルサイトが出てきました。

その一つがBLUESHIPというウェブサイトです。

BLUE SHIP


まずトップページから、「ゴミ拾い・環境イベント一覧」のページに行きます。地域・開催日・キーワードで探し、詳細ページを開くと「開催日時・集合場所・費用・予約有無」などがまとめられています。
ゴミ拾いボランティアの特徴は「申込不要」が多いことです。ほかのボランティアでは、どんな人がくるかや人数を把握するために「申込あり」が多いので、ゴミ拾いボランティアは気軽に参加しやすいですね。

河川のゴミ拾いボランティアとは

海岸と同様に河川にもたくさんのプラスチックゴミが落ちています。それが川に流れ、海に流れ、海のマイクロプラスチック問題を引き起こすのです。

ボランティア募集の探し方

すでに書いたBLUESHIPには河川でのゴミ拾いボランティアも掲載されています。
他には全国川ごみネットワークという団体があり、そこから川ごみの削減に取り組む団体が載っています。

川ゴミ拾い
JEAN

もう一つJEANというサイトにも日本各地で河川などでクリーンアップ活動をする団体をまとめています。

街中・公園でのゴミ拾いボランティア

ゴミ拾いボランティアでもっとも有名で活動範囲も広いのが「greenbird」です。日本各地や海外にも地域ごとにチームがあり、定期的にゴミ拾い活動をしています。
開催日時・場所などは各チームによって異なるので、参加する地域のチームの詳細ページをチェックしてください。

ゴミ拾いボランティアは「個人」でもできる

街中や公園でゴミ拾いボランティアをするには、団体を通じてではなく、友人と一緒になど個人で参加することもできるのです。

例えば渋谷区では「ボランティアで清掃活動を行う人に清掃用具を貸し出します」というページがあり、ここから申し込めば「ゴミ袋・軍手・火ばさみ」など必要な道具を貸し出してくれます。ごみ袋の貸し出し・回収についてご自身の地域ではどのような貸し出しがあるか問合せてみてください。

花火大会・イベントのゴミ拾いボランティア

全国の花火大会、ハロウィンなどのイベントでゴミ拾いボランティアを募集することがあります。
ここではいくつか具体例を紹介します。

大阪の「なにわ淀川花火大会」ではいくつかボランティアの種類があります。
その一つに「翌日清掃ボランティア」があります。花火大会の終了後は、大量のゴミが落ちています。このゴミが川や海に流れていかないように、翌日の午前中にボランティアでゴミ拾いをするのです。
他にもうつのみや花火大会でもゴミ拾いだけではないですがボランティアを募集しています。
https://www.utsunomiya-hanabi.jp/volunteer

以下は土浦花火大会のゴミ拾いボランティアの様子がまとめられています。
https://www.monthly-oyama.com/gomihiroi/2019-kekka.html

他にもハロウィンやクリスマスの後に、まちをきれいにするボランティアもあります。
サンタボランティアについてはこちら