NPONGOイベント・セミナー情報まとめ

イベント・セミナー情報(NPO・NGO・ボランティア関連)の掲載希望の方はこちらから

NPO・NGO・ボランティアグループ・企業のCSR事業などの「イベント・セミナー情報」を掲載しています。目次からご関心あるイベント・セミナーをクリックして詳細をご確認ください。

スポンサーリンク

精神障がい者就労支援の現場訪問イベント

精神障がい者の就労支援・自立支援等をしているNPO法人多摩草むらの会の事業所を訪問・視察するイベントです。
風間代表からお話を伺いながら実際の事業所を訪問視察することで、障がい者を取り巻く現状やダイバーシティアンドインクルージョンの本質について学びます。
参加費は無料です。(現地の昼食お弁当代のみ実費ご負担いただきます。

【参加無料】多摩草むらの会/精神障がい者就労支援の現場訪問
日本には約965万人の障がい者が暮らしています。近年ではダイバーシティ&インクルージョンという言葉も広まり、障がいを持った方々の社会参画を促す動きはありますが、障がい者の法定雇用率... powered by Peatix : More than a ticket.

HP掲載用アクションページ11.19多摩草むらの会.pptx

【参加無料セミナー】「見えない壁だって、超えられる。」 障がい者クライミングの世界を体感する

【開催日】
11月24日(木)18:30~20:00

【場所】
コンファレンススクエアM+
東京都丸の内2-5-2 三菱ビル

【内容】
フリークライミングを通じて、視覚障害者をはじめとする人々の可能性を広げることを目的として、モンキーマジックは活動しています。
人生の途中で視覚障害となりながらクライミングを続けている小林代表が、障がいがあってもなくてもクライミングを楽しめることに気づき活動してきた、その思いを伺います。団体の活動紹介とともに、毎月行っている誰もが参加できるクライミング交流会、マンデーマジック@高田馬場開催についても詳細をお話しいただきます。
サロンの中で、ユニバーサル社会を考えるきっかけとしてのワークショップも行います。奮ってご参加ください。

モンキーマジックチラシ.pdf

【参加無料セミナー】障がい児とのサーフィンを通じた共生社会づくり

【開催日】
11月28日(月)18:30~20:00

【場所】
 コンファレンススクエアM+
 東京都丸の内2-5-2 三菱ビル

【内容】
Ocean’s Loveは、障がい児とのサーフィンを通じた共生社会づくりに取り組むNPOです。
今回のイベントでは伊藤代表をお招きし、障がい児を取り巻く現状、なぜサーフィンなのか、これまでの活動で得られた経験などについてお話しいただきます。
伊藤代表のお話を伺いながら、ノーマライゼーションの社会づくりにむけ自分たちに何ができるかを考えるとともに、こうした社会課題やボランティア(サーフィン)参加に興味を持っていただくきっかけづくりをします。

Ocean’s Loveチラシ.pdf

【参加無料セミナー】アクションを起こそう!問題を自分ごと化する方法

【開催日】
11月29日(火)18:30~20:00

【場所】
コンファレンススクエアM+
東京都丸の内2-5-2 三菱ビル

【内容】
NPO法人アクションは、1994年からフィリピンの孤児院やストリートチルドレンをサポートしています。
現地で子どもの貧困に取り組み、現地企業・日本企業・現地自治体・フィリピン政府なども巻き込みながら活動を続ける代表の横田氏に活動の話を伺いながら、ワークショップとして一人ひとりがアクションを起こすための大事なポイントを教えていただきます。
自分の関心を詳しく掘り下げ、課題を見つけ出し、ライフワーク・ライフスタイルに組み込むことが、行動を続けるコツと横田氏はおっしゃいます。「アクションを起こす」ための考え方を体験し、自分がアクションしたいテーマを見つけてみませんか。

アクションチラシ.pdf

【参加無料セミナー】はじめの一歩を応援します ~会社で働きながらできる社会貢献とは~

【開催日】
11月17日(木)18:30~20:00

【場所】
コンファレンススクエアM+
東京都丸の内2-5-2 三菱ビル

【内容】
引きこもりや刑与者の伴走支援を行なうNPO法人育て上げネット。地域担当部長の井村氏と、そこに企業従業員として参加している信太氏に、「働きながらの個人としての社会貢献」をテーマに話を伺います。
私たちが何かアクションを起こそうとした場合にどういう選択肢があるのか皆さんと一緒に考えながら、誰かの役に立つことに関する自分の喜びに出会えたり、気付きやきっかけになったりするイベントにできればと思います。

育て上げネットチラシ.pdf

【無料オンラインセミナー】タイの山奥で少数民族の子どもたちのために 学校を運営している日本人の話

【開催日】
11月22日(火)18:30~20:00

【場所】
オンライン

【内容】
虹の学校は、タイのミャンマー国境付近に暮らす少数民族の子どもたちのための全寮制の学校です。
虹の学校の校長である片岡朋子先生は、旦那さんと一緒にご自身の子ども2人の育児もここで行なっています。
虹の学校の活動内容に加え、なぜ片岡先生がこうした取り組みをしているのか、経緯や苦労話などを伺いながら、参加者の皆さんのアクションのヒントに繋がればと思います。

虹の学校チラシ.pdf

定例セミナー「障がい者対応の極意と障がい者支援の真髄 ~聴覚障がい者を両親に持つ講師から学ぶ ~」

聴覚障がい者のご両親を持ち「手話が母語(自然獲得した言語)」という講師をお迎えし、対面でのミニワークショップを織り交ぜて「伝わる」コミュニケーションとは何かを伝授いただきます。

言語を超えたコミュニケーション術を学ぶことで、「伝えたつもりが伝わっていない」を脱却し、社内・社外とのコミュニケーションの質を上げ、社内外に仲間を増やすための極意を学んでいただくことができます。
https://www.philanthropy.or.jp/seminar/400/

定例セミナー「障がい者対応の極意と障がい者支援の真髄 ~聴覚障がい者を両親に持つ講師から学ぶ ~」