「NPO」と「NGO」の 違いとは?

記事

NPOは、「Non-Profit Organization=営利ではない」もしくは、「Not-for-Profit Organization=営利の”ため”ではない」の略語です。前者の場合、利益を出さないと解釈する人が出てくるため、後者を使い利益を生む活動もするが営利を目的とはしていないと強調することもあります。

企業の多くは利益を出さないと会社がつぶれてしまうため、利益が出ない事業は基本的に行いません。けれどもNPOの場合は、貧困家庭への学習支援や途上国への支援など利益がほとんど得られなくても、社会をより良くする活動であれば寄付や助成金を資金源に事業を行います。(※最近では、NPOも持続可能な団体になるため、事業収入を増やすべきという意見もありますが、このテーマはまた別の記事で取り上げます)。

また、NGOは、「Non-Governmental Organization=政府ではない」略で、日本では国際的な事業を行う団体をNGOと呼んでいます。政府の活動との違いを強調することが国際協力系の団体にとっては重要です。

つまり、NPOは企業ではない団体と強調す言葉、NGOは政府ではないという団体と強調する言葉です。