保育ボランティアとは・活動内容・応募資格・探し方

ボランティア

保育ボランティアとは、保育園や幼稚園にてお散歩の同行や制作の手伝いなど保育業務のサポートを行う活動です。子育て広場などで保護者が子どもを預け、その間子どもの見守りを行う保育ボランティアもあります。保育園や幼稚園での保育ボランティアの場合は、「将来保育の仕事を目指す人」という条件があることも多いです。

ここでは「保育ボランティア」とは何か、ボランティアの活動内容や応募資格、探し方などについて解説します。

スポンサーリンク

保育ボランティアとは

主な活動内容

保育ボランティアはの活動内容は主に2種類あります。

一つは、子どもたちと一緒に遊ぶ活動。保育園などに通う子どもたちと制作をしたり、歌を歌ったり、お散歩に出かけたり、絵本の読み聞かせをしたり。子どもと関わることができるので、保育ボランティアをしたい人がイメージする活動です。

もう一つ大切な活動が、掃除・片付けや制作の準備などの業務です。保育園や幼稚園などでは子どもと関わる時間以外にも様々な業務があります。子どもが楽しく安全安心に過ごせるように、こうした仕事はとても大切です。将来保育の仕事をめざす方であれば、子どもと過ごす時間だけではなく、裏方の業務も体験してみてください。

応募資格

保育ボランティアの応募資格では、例えば以下のような記載があります。

保育士を目指す学生の方、保育士への転職を考える社会人の方

つまり、保育士を目指す学生や社会人に、現場を体験してもらい実際の保育の仕事がどういうものかを知ることで、保育の仕事をめざす人が増えてほしいということや、イメージとのギャップを埋めてもらいたいという狙いもあります。

また、保育士資格に関しては不要という保育ボランティアが多いです。「保育士資格不要」と書いてくれているところもありますし、記載がなければ不要と思ってもらっても問題ないでしょう。

活動日時

保育園などによって異なりますが、比較的「応相談」という募集が多いようです。日常的に保育を行っているので、決まった日付に大勢を受け入れるというよりも、相談して個別に調整となります。

高校生は保育ボランティアをできるかどうか

高校生で保育ボランティアをしてみたいという人もいるでしょう。例えば、応募資格に「保育士をめざす学生・社会人」のように書いてある場合は問い合わせが必要です。「将来保育の仕事をめざしているが高校生でもできますか」と聞いてみるといいでしょう。

また、次に紹介する「夏ボラ」では高校生でも参加できるプログラムが多いです。

保育ボランティアの探し方

夏ボラ(夏休みの体験ボランティア活動)に参加

高校生など参加しやすいプログラムが夏休みの時期に行われる「夏ボラ」です。地域の社会福祉協議会が開催していることが多いので、夏休みのころに住んでいるところの近くの社会福祉協議会へ行ってみると「夏ボラ」のプログラム詳細を教えてもらえます。

世田谷ボランティア協会ホームページより https://www.otagaisama.or.jp/natsubora

例えばこちらの画像のように、保育園だけでなく高齢者施設・障がい者施設などでのボランティアプログラムから選ぶことができます。夏ボラは、「ボランティア体験」の目的があるため、「初めてボランティアをする人」や「中学生・高校生でもできるボランティア」というプログラムがたくさんあります。

地域の保育園や幼稚園のボランティアが募集されていることも多いので、夏休みの時期にぜひチェックしてみてください。

保育園・幼稚園ごとに探す

夏休み以外にボランティアを募集している保育園・幼稚園も多くあります。

YMCAかわさき保育園 ホームページより https://hoiku.yokohamaymca.org/kawasaki/part_time_job/


例えばこちらのYMCAのように、常時募集があり、問い合わせフォームに記入して応募ができます。

インターネットで探す場合は「保育ボランティア」で調べるのではなく、地域にある保育園・幼稚園を先に調べてみるのがおすすめです。検索になかなか出てこないボランティア募集もあるためです。

「川崎市 保育園」などで検索するとその地域の保育園一覧が出てきます。そこから、近場の園のホームページをみて、ボランティア募集があるかどうか確認してみてください。

ボランティアセンターを活用

一番、確実なのがボランティアセンターを活用することです。
地域の社会福祉協議会などのボランティアセンターにはウェブサイトでボランティア募集情報を掲載しています。その中に「保育ボランティア」があるかをまず調べてみてください。ただし、ボランティアセンターのウェブサイトに情報アップしているところはあまり多くありません。

そのため、時間的に可能であれば、ボランティアセンターに直接訪問して、「ボランティアコーディネーター」に相談してみると自分の希望に合った保育ボランティアを見つけることができるでしょう。

保育ボランティアで気を付けること

一つは、子どもとの関わりなので一番はケガや事故に気を付けてください。子どもはもちろん、ボランティアで張り切りすぎて自分自身が無理をしてケガをしてしまうというケースも多いようです。受け入れ先の園の方々に負担をかけてしまうことになりますので、無理をせずに活動してください。

もう一つは、個人情報です。ボランティアを始める前に、園の先生方から注意がありますが、子どもたちとの写真撮影は原則禁止です。もし問題ないといわれたとしても、SNSなどへのアップはしないようにしましょう。

乳幼児と関わることができる保育ボランティアはとても楽しい活動です。一方で「気を付けること」に記載の通り、ケガや事故が起きやすい場所でもあります。ルールや園の先生からの注意事項はしっかりと守り、楽しく活動してみてください。