NPOニュース編集部

人権

女性への暴力根絶という未来へ、スカイツリーや太陽の塔が紫にライトアップ

女性に対するあらゆる暴力の根絶を呼びかける運動が始まった。11月12日から女性に対する暴力撤廃国際日の11月25日まで全国で行われる。東京スカイツリーやさっぽろテレビ塔、大阪の太陽の塔など33都道府県約100か所で、様々な施設をシンボルの...
環境・農業

日本でフェアトレード認知は3割。イギリス8割。オリンピックが認知拡大の鍵

「フェアトレード」の国内での認知率は2015年から約3%増え、ようやく3割を超えた。日本フェアトレード・フォーラムが全国の1108人へ意識調査を行ない10月発表した。一方、イギリスでは認知率78%(フェアトレード財団調べ)もあり、社会にフ...
災害・被災地

台風被害のNPOにマイクロソフト製品を無償寄贈

台風19号は現地で活動するNPO団体へも被害を与えた。復旧・復興の直接的な支援活動だけでなく、NPOが被害を受けることで福祉や教育、居場所づくりなど日常の支援が止まってしまうことが懸念されている。 IT企業のソフトウェアを仲介するテ...
子ども・教育

10代女性の4割以上は「子ども食堂」にボランティアなどで関わりたい、40代男性は1割

「子ども食堂」に関する全国約1万人への意識調査をインテージリサーチが行った。調査によると、子ども食堂の認知度は82.1%と昨年から8ポイント近く上がり、言葉として社会に浸透してきていることが分かる。 運営やボランティアへの参加意向は...
記事

車いすのまま乗れるUDタクシーを知っていますか?車いす利用者を乗車拒否の課題も

車いすがそのまま乗れるゆとりある空間のユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)が東京オリンピック・パラリンピックに向け導入が広がっている。しかし、障害者団体DPI日本会議によれば、UDタクシーが車いす利用者の乗車拒否をする実態が明らか...
環境・農業

日本が異常気象の原因であるCO2を大量に出す「石炭火力発電」を推進している事実、6割の人は知らなかった

気温上昇や台風などの異常気象が相次ぐ中、日本はCO2を大量に出す石炭火力発電をいまだに推進している。ヨーロッパでは石炭火力全廃へ向かう国もあり、世界中が「脱石炭」の流れにある。だが、国際環境NGOの「気候変動に関する調査」では、異常気象に...
環境・農業

ゴア元米副大統領が気候危機にアクションする日本のリーダー760人を育成

アル・ゴア元米副大統領は世界中で起こる「気候危機」の担い手を育てる 「クライメート·リアリティ·リーダーシップ·コミュニティ·トレーニング」を日本で初めて開催した。10月2、3日に東京で開き、企業やNGO、学生など760人が参加した。トレ...
記事

女性活躍企業一位は「ローソン」。学生の企業選びの参考にもなる女性活躍インデックスを東洋大学が発表

東洋大学は、女性活躍がどれだけ推進されているのかをランク付けする「女性活躍インデックス」を9月に発表した。ランクづけをする3年目の今回は3年を通したランキングも発表。一位はローソン。2位にイオングループのイオンビッグ。3位にパソナグループ...
子ども・教育

「災害後すぐに質の高い教育を届ける」NPOが災害時子ども支援アライアンスを設立

教育支援を行うNPO法人カタリバ(東京・杉並)は、国内で災害があったときに質の高い教育支援をすぐに始めるための「災害時子ども支援アライアンス sonaeru」を設立した。8月、人材サービスのウィルグループ(東京・中野)が企業のパートナー第...
国際協力・国際交流

2050年25億人に急増、世界が注目するアフリカの抱える不安

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が8月、横浜で開かれた。3年ごとに行われるTICADにおいて今年は企業の参加が多かった。ビジネスEXPOでは、156社・団体が出展。注目が集まる要因に、人口の増加がある。国連が出した人口予測では、アフ...