NPOニュース編集部

環境・農業

ゴア元米副大統領が気候危機にアクションする日本のリーダー760人を育成

アル・ゴア元米副大統領は世界中で起こる「気候危機」の担い手を育てる 「クライメート·リアリティ·リーダーシップ·コミュニティ·トレーニング」を日本で初めて開催した。10月2、3日に東京で開き、企業やNGO、学生など760人が参加した。トレ...
記事

女性活躍企業一位は「ローソン」。学生の企業選びの参考にもなる女性活躍インデックスを東洋大学が発表

東洋大学は、女性活躍がどれだけ推進されているのかをランク付けする「女性活躍インデックス」を9月に発表した。ランクづけをする3年目の今回は3年を通したランキングも発表。一位はローソン。2位にイオングループのイオンビッグ。3位にパソナグループ...
子ども・教育

「災害後すぐに質の高い教育を届ける」NPOが災害時子ども支援アライアンスを設立

教育支援を行うNPO法人カタリバ(東京・杉並)は、国内で災害があったときに質の高い教育支援をすぐに始めるための「災害時子ども支援アライアンス sonaeru」を設立した。8月、人材サービスのウィルグループ(東京・中野)が企業のパートナー第...
国際協力・国際交流

2050年25億人に急増、世界が注目するアフリカの抱える不安

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が8月、横浜で開かれた。3年ごとに行われるTICADにおいて今年は企業の参加が多かった。ビジネスEXPOでは、156社・団体が出展。注目が集まる要因に、人口の増加がある。国連が出した人口予測では、アフ...
環境・農業

「石狩川流域の”湿地”減少、100年前のわずか0.1%」NPOが渡り鳥マガン渡来地で”湿地”の魅力伝える

5万羽の渡り鳥マガンが飛来する北海道の宮島沼。札幌市の北東50キロほどのこの地で25日、”湿地”の豊かな価値を伝える「しめっちフェスタ」が開かれた。かわいいマガンのぬいぐるみ販売や、芸人による湿地をネタにした動画、メインの軽トラステージで...
子ども・教育

石井食品、毎月300食を貧困支援NPOのおてらおやつクラブに寄付

食品メーカーの石井食品は、経済的に困難な状況にある家庭を支援するNPO法人おてらおやつクラブと提携し、ミートボールなどの食品を寄付する活動を始めた。お寺の住職が始めた同NPOは、様々なお供え品を寄付する「おすそわけ」の活動を行なっている。...
記事

読書バリアフリー法とは。視覚障害者等にも平等な読書の機会を

「読書障害者」をご存知だろうか。視覚障害者や、読み書きに困難のあるディスクレシア、寝たきりなどで本をめくることができないなど、印刷した書籍を読むことが難しい人のことをいう言葉だ。視覚障害者は音声データや読み上げソフトを使って本を読んでいる...
ボランティア

東京近郊でできる夜回り・炊き出しボランティアとは

ホームレスと呼ばれる路上生活をしている人たちと、普段の生活で関わることはあまり多くはないでしょう。2019年「ホームレスの実態に関する全国調査」によると、路上生活者(ホームレス)は全国に4555人。一番多いのは東京都で1126人でした。 ...
環境・農業

紙やバイオプラへの代替「脱プラ対策」に待った!環境NGOが指摘

紙やバイオプラスチックを使用したストローを扱う企業が増えている。脱プラの波が広がる中、代わりの素材に置き換えることで環境に配慮する動きだ。だが、国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは「別の素材に代替しても、影響が海洋汚染から森や農地の持...
環境・農業

絶滅危惧のウナギに光明か、イオンが稚魚の産地まで追跡した国内初のウナギを商品化していた

土曜の丑の日が近づくと、ウナギを食すことの善悪問題が飛び交うようになった。ウナギは大切な日本の食文化だ。しかし、国際自然保護連合(IUCN)が2014年、ニホンウナギを絶滅危惧IB類※に指定。過剰な漁獲や生育環境の悪化で減少している。 ...