ピアサポートとは?ーーがん患者や産前産後に悩む親にも広がる

医療・介護

ピアサポート(peer support)とは、同じような立場や課題に直面する人がサポートし合うこと。互いに体験を語り合うことで支え合う。

当事者ならではの経験から相談支援をすることをピアカウンセリングという。

がんや難病の患者や家族、産前産後に悩む親、アルコールや薬物中毒など。最近は大学でもピアサポートが広がっている。

ピアサポートの理念は「誰でも適した機会があれば、自分の問題を自分で解決できる」こと。人に頼らず自立するという意味ではなく、自分の抱えた問題に、自ら向き合うこと。それをサポートするというのがピアサポートだ。

ピアサポートは2000年代に米国で、精神保健福祉分野から始まった。米国では、ピアサポートを行うピアサポーターの認定制度が多くの州である。

ピアサポートで大切なことは常に、指導になっていないか、押し付けになっていないかという問いを持ち続けることだ。