ライターボランティアとは・活動内容・参加方法・始め方・探し方

ライターボランティアとは・活動内容・参加方法・始め方・探し方ボランティア

ライターボランティアとは「書く」ことを通じたボランティアです。NPONGOやボランティア団体にとって情報発信はとても重要です。しかし、書くスキルや時間がなく取り組めていないケースもあります。ライターボランティアは、ウェブ上での情報発信や、報告書、申請書類など、ライティングを通じて社会のお役に立つボランティアです。

ここでは、ライターボランティアの具体的にどのような活動をするのか、必要なスキルがあるのか、ライターボランティアの探し方・始め方、募集団体について解説していきます。

スポンサーリンク

ライターボランティアとは

ライターボランティアとは

ライターとは文章を書くことを生業とする人のことです。トラベルライターや経済ライターなど各専門領域の○○ライターはどんどん増加しています。

それではライターボランティアとはなにかを簡潔に説明すると「書くスキルを活かしたボランティア」です。スキルを活かしたボランティアを「プロボノ」と呼び社会人ボランティアが活躍していますが、ライターボランティアもその一種といえます。

ただし、書くスキルは幅が広いので、文章書くことが好きな人という募集から、メディア経験者を求めるライターボランティアもありますので、自分のスキルにあった募集条件を探すことが必要です。

ライターボランティアの活動内容

ライターボランティアの活動は多岐に渡ります。大きく分けて3つの種類に分かれます。

記事の執筆


イベントを開催したらそのレポートを書いたり、スタッフや関係者のインタビュー記事を書いたり、会報誌の記事を書いたりします。

書類の執筆

NPOは企業からの寄付や助成金をもらって事業をすることが多いです。その場合、申請書や報告書などを提出しますが、これもなかなか書くのが大変で、なかなかいい文章が書けずに申請しても落ちてしまうこともあります。

「中身はいいのに、もう少しちゃんと書いてくれたら」という助成金の担当者もいました。

メルマガの作成


メールマガジンは、活動や団体について関心を持ってもらうために不可欠な発信ツールです。メルマガの場合、いまある情報をいかに整理して読みやすく簡潔にまとめるかということが求められます。

その他:SNSへの投稿文章作成

最後はライターボランティアのスキルとは異なりますが、Twitterや Facebookでの発信もあります。これは文章力だけではないので、ライティングが得意な人でも難しいかもしれません。

ライターボランティアの始め方、探し方

ライターボランティアという名称で募集しているところは実は多くありません。
多くのNPO・NGOは、オフィスボランティアや事務局ボランティアを募集する中の一部の活動内容として、「取材・執筆」「文章作成」をあげています。そのため探すことが難しいという課題もあります。ここからは探し方を3つご紹介します。

ライターボランティアで検索

ライターボランティアで検索するとまず出てくるのが、日本NPOセンターのライターボランティア募集です。日本NPOセンターは、90年代からある歴史のあるNPO法人です。NPOの中間支援組織としてさまざまな活動をしています。その一環で、「NPO CROSS」というNPO専門メディアを運営しています。ライターボランティアは、その媒体に掲載する記事を書くという役割です。

現在アップされている記事をみても、基本はNPO/NGOへ取材をしています。取材をして記事を書くというライターボランティアの王道をしてみたい方にとてもおすすめです。NPO団体に直接話を聞くという経験もライターボランティアという役割の中でしか、なかなかできないことでもあるので、役得のボランティアかもしれません。

また、当媒体「NPO NEWS」でもライターボランティアを募集しているので、関心ある方はぜひご応募ください。

広報ボランティアで検索

広報ボランティア

ライターボランティアで検索をしても、多くは見つかりません。
文章を書いてもらうボランティア活動を募集していても、それだけに特化したライターボランティアとして掲載しているところは少ないです。そこで「広報ボランティア」や「情報発信ボランティア」などで検索すると、いろいろな募集が出てきます。

その中で、広報誌の執筆なのか、メルマガか、レポート関連の文章作成なのか。詳細をチェックして、自分がやりたい内容に近いものを選ぶといいでしょう。

NPO・NGOのオフィスボランティアに応募

ライティングに関するボランティア内容が書かれていないオフィスボランティア募集もたくさんあります。NPO/NGO側としては、やってもらいたいことがたくさんあり限定できないため、大きなくくりで募集をかけているということです。

ボランティア説明会やオリエンテーションを行っていれば、そこでライティングに関する活動はどれくらいあるのかを聞いてみるといいでしょう。メルマガ作成をボランティアが担っているところは多いので、ライティングだけをがっつりやりたいというよりは、文章書くことが好きでボランティアもしてみたいというトーンでしたら、自分の関心ある分野の団体でオフィスボランティアをしてみるのはおすすめです。

関連記事

ボランティアの種類一覧|活動内容・参加方法・募集団体

ボランティア活動とは?歴史・種類・意味・定義