気候変動ボランティアの参加方法ーーパリ協定に貢献

数十年に一度という異常気象が世界中で毎年のように起きています。気温上昇1.5度未満を目指すパリ協定の達成を目指し、様々なNGOが政府へ提言したり、デモをしたり、現場で活動したりなど思いを一つにアクションしています。こうした活動にボランティアとして関わる方法をご紹介します。

国際的に活動する環境NGOでボランティア

パリ協定は2015年にCOP21で採択されました。国際会議のCOPには国内からも多くのNGOが参加し、政府に声を届けています。

国内の環境NGO気候ネットワークは、地球温暖化防止へ向けて、調査や提言、普及啓発などを行う団体です。ボランティア内容には「COPでのNGO活動のサポート」もあります。国連の気候変動交渉なども行なっており、国際的な舞台でのNGO活動にボランティアとして関わることが可能です。東京と京都に事務所があります。

気候ネットワークのボランティア

気候変動ムーブメントを起こすボランティア

気候変動には、国際的な会議で政策を変えていくことも重要です。一方で国内の一人ひとりの関心を生み出し、盛り上げていくことも必要です。

「市民の力で100%自然エネルギー社会を」とビジョンを掲げるNGO350.orgは、国内で「グローバル気候マーチ」を開催しています。

これまで気候変動にあまり関心のなかった人たちを巻き込み、若者たちを中心に気候変動ムーブメントを起こすことに関心ある方は350.orgでのボランティアがオススメです。気候マーチ以外にも様々なアクションがあり、自ら企画したり人を巻き込むことが好きな人に向いています。

350.orgのボランティア

現場で汗をかいてパリ協定に貢献するボランティア

もう一つの気候変動ボランティアは現場での活動です。この数年で海洋汚染の問題からプラスチック廃止の動きが活発になっています。プラスチックを使わないという行動を変えることも一つの活動です。使わないだけではなく、すでに使われてしまったプラスチックで地球が汚れることを防ぐこともできます。

東京の荒川クリーンエイドフォーラムや神奈川・江ノ島のNPO海さくらなど、プラごみを拾って、きれいな川や海を守るボランティア活動があります。これらの団体だけでなく、全国で海や川のクリーンボランティアをまとめている「Blue Ship」というサイトで探すことが可能です。