ゴア元米副大統領が気候危機にアクションする日本のリーダー760人を育成

環境・農業

アル・ゴア元米副大統領は世界中で起こる「気候危機」の担い手を育てる 「クライメート·リアリティ·リーダーシップ·コミュニティ·トレーニング」を日本で初めて開催した。10月2、3日に東京で開き、企業やNGO、学生など760人が参加した。トレーニングは2006年から米国、ドイツ、インド、ブラジルなどで行ってきた。今回で43回目。世界で2万人を超えるリーダーが生まれているという。

初日のトレーニングでは、ゴア氏や気候変動の専門家たちから、気候危機の解決に向けた行動や方策について学んだ。

「気候変動は人類がこれまでに直面した中で最も早急に解決が必要な課題だ」。ゴア氏は世界で起こる気候危機とその解決策を3時間ノンストップで話した。途中水を一度も口にすることなく話し続ける姿からも鬼気迫る課題ということが伝わってきた。

国内では昨年7月に観測史上最高となる41.1度を記録。台風や豪雨などによる被害も相次いでいる。世界中で気候変動が起き、熱波や洪水、台風、干ばつ、火事などの災害が頻発している。

世界に目を向けると、ドイツやフランスなどヨーロッパ各地で今年立て続けに、観測史上最高気温を記録。イラン全土で起きた洪水では70人以上の死者が出た。ハリケーンが直撃したバハマは7万人が家を失った。シベリアの森林火災では東京ドーム60個以上の広さが消失したという。

過去類をみない災害によって、住み慣れた土地を離れる人も増えている。2050年までに1億4300万人の生活が脅かされ、移動を余儀なくされるという報告書もある。

ゴア氏は最後に再生可能エネルギーが世界で飛躍的に増えている事実を伝え、向かうべき方向性を示した。「のんびりしてはいられない。私たちは変わらなければならない」。ゴア氏は760人の参加者に、気候変動の真実をリーダーとして伝えていってほしいと語った。

参加者には、ドキュメンタリー映画「不都合な真実」をみて、なにかしなければとここに参加したという人もいた。このトレーニングを受けた人たちは、これから気候危機の解決のために伝える側になることが問われている。

環境・農業記事

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

シェアする
NPOニュース編集部をフォローする
NPOニュース|ソーシャルな市民活動専門のウェブメディア・NPOポータルサイト