(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-8418860873507848", enable_page_level_ads: true }); NPOソーシャルライター 辻陽一郎 | NPOニュース|NPOなどソーシャルな活動の情報発信をするウェブメディア・ポータルサイト|by NPO新聞

NPOソーシャルライター 辻陽一郎

環境・農業

社会課題別に見る参議院選挙ーエネルギー政策で選ぶ

7月21日に行われる参議院議員選挙。候補者を選ぶ基準は様々だが、政党が社会課題に対してどういった視点をもっているかどうかで選ぶこともできる。 国際NGOの気候ネットワークは各党のマニフェストをもとに、エネルギー政策の分析を行った。4つのポ...
記事

アプリで音を文字化、聴覚障がい者向けサービスが拡大

聴覚障害者は、日常生活で電話ができなかったり、交通機関の音声アナウンスが聞こえなかったりといった不便がある。NTTドコモやヤマハは、スマートフォン上で音声情報をテキスト表示するアプリを開発し、実用化に乗り出した。昨年施行された障害者...
障がい・LGBT

東京・吉祥寺の福祉施設雑貨店が、障がい者の働く場に

東京・吉祥寺にある、福祉施設で作られた雑貨専門のセレクトショップ「マジェルカ」(東京・武蔵野)は、8月1日から店舗を障がい者の働く場とする取り組みを始めた。東京都から障害者就労継続支援事業所として認可を取得し、障がいのある人を雇用する。障...
記事

マクロミルがNPO支援、リサーチの力で課題解決へ

市場調査大手のマクロミルは、リサーチの力で社会課題解決に取り組む「NPO向けリサーチ支援活動」を開始した。同社が蓄積してきた調査のノウハウを活かし、NPOと協働で実態調査をすることで、取り組む課題の可視化を行う。NPOは調査データを元に...
環境・農業

NGOが金融機関の「炭素フットプリント」を比較調査

銀行などの社会性格付けサイト「フェアファイナンスガイドジャパン」で、NGOらは金融機関の投融資を通じた炭素排出を見える化する「炭素フットプリント」の比較調査レポートを公開した。保有銘柄の温室効果ガス(GHG)排出量が多かったのは、年金積...
記事

外食での食品ロス課題、1年間の食べ残し経験6割

直近1年間に「外食で料理を食べきれなかった」経験のある人は58.7%。リクルートライフスタイルが4月、約1万人に調査した。日本の食品ロスの5分の1が外食産業によるものであり、外食の持ち帰りを通した食品ロス削減の取り組みが今後も進んでいく...
国際協力・国際交流

アデコ、「難民の労働市場整備」に関する白書を発表

人材大手のアデコグループ(本社:スイス)は6月、「難民の労働市場の整備」に関する白書を発表した。世界中で難民が増加する中、移住先の国々で職に就けることはあまり多くない。だが、同白書では難民の労働環境を整備することが、GDP成長につながる...
記事

NPO支援など副業認める企業3割――NPOが調査

多様な働き方が日本社会で広がる中、大手企業の34.8%が副業や兼業を従業員に認めていることがNPO法人二枚目の名刺(東京・渋谷)の調査で分かった。副業や兼業の内容では、講演や執筆、NPOなど非営利活動への支援も認めている。一方、制度とす...
記事

企業の社会貢献支出額が過去最高:経団連が調査

経団連が実施した企業の「社会貢献活動実績調査」で、企業343社における2016年度の社会貢献に関する支出額が1社平均5億9700万円となったことが分かった。前年度比10.6%増で過去最高、4年連続の増加だ。増額の要因にはSDGsへの対応...
記事

NPOが刑務所の内側に迫った写真展を開催、市民が生の正しい情報を得ることが大切

昨年1年間の犯罪件数(警察が認知した刑法犯)は約91万5000件だった。多くの事件がある中、私たち市民は、罪を犯した人たちが日常を送る刑務所の様子や受刑者の日々を知る機会はほとんどない。 日本ソーシャル・ジャスティス・プロジェクト(英...