NPOインタビュー

NPONGOで働く

企業で10年、NGOへ。「本当にやりたい仕事を目指して」—MFCG小野晴香さん

ミャンマー農村部で支援を行うNGOを日本から支えている。ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG:東京・荒川)で働く小野晴香さんは一人黙々と、業務をこなしていた。経理や総務の仕事から支援者対応、広報、ボランティアチームのコーディ...
NPONGOで働く

「シャイな学生が地域の担い手に育つお手伝い」聖学院大学ボランティアコーディネーター芦澤弘子さん

赤、青、ピンクと、戦隊コスチュームを身にまとった大学生たちが地域のイベントでボランティアをしている。埼玉県上尾市にある聖学院大学では、「戦隊」の姿でボランティアをするのはお馴染みの光景だ。「戦隊」を陰でサポートする大学のボランティアコーディ...
NPONGOで働く

学生と社会を「ボランティア」でつなぐ裏方役、明治大学ボランティアコーディネーター和田更沙さん

明治大学和泉ボランティアセンターには、ボランティアに興味がある、相談のある学生が、年間約4000人訪れる。NPOの広がりとともに、「ボランティアに興味のある学生」は年々増加傾向だ。 和泉ボラセンを訪れると、掲示板には、「森で間伐」や「...
NPONGOで働く

「国際NGOの職員として25年、現在はカフェのマスター」JVC日本国際ボランティアセンター清水俊弘さん

南アルプスの山々が大パノラマに見渡せる山梨県の穴山という小さな町に「おちゃのじかん」という夫婦で営む小さなカフェがある。手作りの木製ベンチで自....
NPONGOで働く

「新市民伝」「ゆめ・まち・ねっと」渡部達也、美樹さん。夫婦で作ったNPO

静岡県富士市の住宅街の一角、「子どものたまり場・おもしろ荘」を訪ねると、トランプをしたり、黒板に落書きをしたりして子どもたちが遊んでいる。「おかえり」と迎えてくれるのは、おもしろ荘を運営するNPO法人「ゆめ・まち・ねっと」の代表、渡部達也さ...
NPONGOで働く

企業からNGOへ転身、「大変な仕事も”世界を変える”につながるから面白い」シャプラニール京井杏奈さん

毎年夏休みになると大学生が中学生・高校生に向けて国際協力ワークショップをする3泊4日の合宿が行われる。コーディネーターは国際協力NGO「シャプラニール=市民による海外協力の会」で国内活動グループを担当する京井杏奈さん。 「NGOの仕事...
NPONGOで働く

「音楽に包まれ、心をほぐし、人々とゆったり語り合う癒しの場を創る」カフェフェリダージSatokoさん

カフェフェリシダージ代表、シンガーソングライターのsatoko(古賀聡子)さんの自宅、グランドピアノとギターが2本置かれた小さなライブハウスのような部屋....