シリア紛争地が東京に現れた——トリックアートを路上展示

2016/11/19 NPO・CSR ライター 辻陽一郎


終わらない紛争でシリアの街はずたずたに破壊された。がれきの山と化したシリアの街の一角が17日、明治大学のリバティタワー前に現れた。

国際人権団体のアムネスティ・インターナショナル日本が、シリア紛争の現実を知ってもらうために、トリックアートの展示を行った。トリックアートの前には大学生や通りすがりの人々が集まり、写真を撮る人も多かった。

アムネスティはトリックアートの写真を撮り、SNSなどで拡散することで多くの人に伝えてもらいたいとする。トリックアートは縦5メートル、横2.5メートルの大きさ。世界的に著名なアーティスト「3D Joe and Max」の作品だ。2015年3月には、ニューヨークの国連本部前でも展示した。

11月21日、22日には、東京都文京区でも展示する予定だ。

amnesty


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2016/11/19