NPO非営利セクター、NGOセクター、ソーシャルセクターの違いは?

NPO非営利セクター、NGOセクター、ソーシャルセクターの違いを以下にまとめる。

■非営利(NPO)セクター

政府セクター(国家)・営利セクター(企業)とは別の公益的な組織で構成する。市民セクターや第三セクターとも呼ぶ。

■NGOセクター

NPOと混同されることが多い言葉だが、NGOは国連が作った定義。国家とは異なる公的な役割を担う非営利組織である。国際連合憲章では、NGOは国連と連携を行う民間組織と定義されている。国連にとっては、重要なパートナーであり、国連と市民社会とを結びつける存在である。

■ソーシャルセクター

90年代以降に生まれた言葉。社会的課題の解決をする組織で、非営利だけでなく企業も含める。

■ボランタリーセクター

英国で使われる言葉。政府・企業と並び重要な役割を持つ。規模の大きな団体から、ボランティアグループまでの非営利活動をする組織。

2018/09/06 NPO・CSR ライター 辻陽一郎

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2018/09/06 NPO・CSR ライター 辻陽一郎