大学生が自分に適した海外ボランティアを探す方法

大学生になったら念願の海外ボランティアに参加してみようと思う人も多いでしょう。いくつかある海外ボランティアの中から自分に合ったプログラムを見つけるためには、まず参加する目的をはっきりさせることが重要です。

「現地の子供たちと触れ合いたい」や「都会ではない現地の生活を見てみたい」といった旅行では得られない経験を求めていく人もいれば、「将来NGOで働きたいから」などと考える人もいます。

最近は世界中でテロが発生し、治安が不安視されていることから、できるだけ安心できるプログラムを希望する人も増えてきました。「良い経験がしたいけど、できるだけ安全面が保障されているもの」など、自分の目的と合っている海外ボランティアを探す方法を解説します。

海外ボランティアの種類と費用

「海外ボランティア」とは海外で行うボランティア活動のことですが、内容はプログラムを主催する団体によって大きく異なります。

主催団体の種類を分けると主に5通りに分けられます。

・現地パートナーと組み企画するNGO団体(NICEやCIEEなど)
・現地に自団体の活動拠点を持つNGO団体(JVCやシャプラニールなど)
・旅行会社(地球の歩き方やボランティアプラットフォームなど)
・学生団体
・JICAの青年海外協力隊

NGO団体が企画するプログラムの特徴は、現場感です。現地で日々活動している場所を訪れるため国際協力の現場を目の当たりにできます。現地の人と同じような生活環境で過ごす場合も多く、現地の生活を肌で感じることができる点も魅力です。さらに費用面でもNGOのプログラムは旅行会社と比べ安いことが多いです。海外ボランティアで、国際協力に少しだけでも携わるような深い経験を期待するのであればNGO団体のプログラムが適しています。

旅行会社のプログラムはホテルに宿泊するなど、安全面では旅行のプロであるためNGO団体よりも徹底されています。その分守られているように感じ、物足りなさもありますが、初めての海外や女性一人で参加といった場合は安全面を優先して旅行会社を選択してもいいですね。

学生団体はピンキリなので、評判を先輩や大学ボランティアセンターなどで確かめてから参加しましょう。学生だけで現地パートナーなしに、貧困地域などで活動している場合、リスク管理が行われていないこともあります。ただし、学生だけでもしっかりした団体も多いので、歴史が長かったりや表彰されていたりするかどうかなど信頼のできる団体を選んでください。また、青年海外協力隊は”海外ボランティア”と言われていますが、給料が支払われるので本質的には”ボランティアではありません”。

大学によっては海外ボランティア参加者へ奨学金を出していたり、単位となったりすることもあります。費用が心配な場合は、自分の大学にどんな制度があるか調べてみるといいでしょう。

海外ボランティアで行ける国、活動内容は?

kaigai-volunteer
一時期カンボジアでの海外ボランティアをテーマとした映画が放映されてから、カンボジア人気が高まりました。カンボジアやタイ、ベトナムなど東南アジアは活動する日本のNGO団体も多いため人気のエリアです。

しかし大学生の長期休みは人生で貴重な時間です。せっかくなので日本から離れたアフリカや南米の海外ボランティアに参加することも検討してみてくださ。時間の融通が利くのは学生の特権です。アフリカへの個人旅行は抵抗を感じるかもしれませんが、NGO主催の海外ボランティアプログラムであれば現地コーディネーターがいるので安心して参加できます。

海外ボランティアは途上国だけではありません。環境問題に興味のある人であれば、ヨーロッパにはたくさんのプログラムがあります。エネルギーに関することや有機農業、森林保全などさまざまです。先進的な福祉や教育の取り組みに関心が高い人は北欧などもおもしろいでしょう。海外ボランティアのほとんどは専門性の必要が問われませんので、知識がなくても参加には問題ありません。

実際に探してみる手段は?

プログラムの情報を得るためには、「海外ボランティア」などのキーワードで検索したり、ボランティア情報サイトで調べたりすることから始めます。興味があるプログラムや団体を見つけたら、まずは説明会にいってみましょう。団体のスタッフが信用できるかや安全面をきちんと説明しているかをしっかり確認することが重要です。

しかし関東・関西以外では開催されていないことが多いので、説明会に行けない場合は、自分の学校のボランティアセンターや国際センターへ行ってみましょう。団体のリーフレットを見つけたり、職員の人から情報をもらったりするのもいいですね。大学と提携していて、学内で説明会などを行うNPO団体もあります。4月〜7月くらいに多いので要チェックです。

----------------------
・お名前

・メールアドレス

・ご職業・ご所属(大学生・会社員など)

・年代

・記事のタイトル(どの記事に関する質問か分かるように必ずご記入ください)

・質問・相談内容

確認送信画面へ進む
 
----------------------

2016/10/18 NPO新聞編集部

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2016/10/18 NPO新聞編集部