国際識字デーに知ってほしい「読み書きができない約7億8千万人」と、NGOの草の根の取り組み

2016/09/14 NPO・CSR ライター 辻陽一郎

(c)KeiSATO


日常生活での読み書きができない人(非識字者)は、アジアやアフリカを中心に15歳以上で約7億8100万人いる。「識字」の重要性を伝えるために、ユネスコは9月8日を国際識字デーと定めた。読み書きができないと、安定した収入を得られる職業につくことが難しい。選挙で投票ができなかったり、薬の説明が読めずに命の危険が生じることもある。人が生きていく上で多くの損失があるのだ。

持続可能な開発目標(SDGs)では「すべての人に公平で質の高い教育機会を提供する」という目標が掲げられ、世界中で多くのNGOがアジアやアフリカの国々で識字率の改善に取り組んでいる。

■アジア最貧国の一つへ教育支援キャンペーン

ケア・インターナショナルジャパンもアジアやアフリカで教育プロジェクトを展開している国際NGOの一つだ。アジア最貧国の一つ、東ティモールへは、毎年「スマイルギフトキャンペーン」を実施し、学習するための教材が少ない農村部へ学習雑誌「ラファエック」を製作し届けている。

ラファエックは学校でも使用されていて、読み書きや生活で役立つ情報を学ぶことができる東ティモールで唯一の学習雑誌だ。今年のキャンペーンでは1万冊を届けることが目標だ。

東ティモールには一日約2ドル以下の貧困ライン以下で生活する人が約40%いるが、そのうち約85%が農村部で暮らす人々だ。都市部と農村部での格差は深刻で、共通語であるテトゥン語の識字率も都市部で81%、農村部では45%と東ティモール財務省が発表している。

ケアはラファエックを届けることで農村部の人々が読み書きを覚え、貧困の改善につなげることを目指している。

■識字率の向上へ取り組む草の根の活動

識字率向上への取り組みが国際的に始まったのは1990年。ユネスコなどが主催した「万人のための教育(EFA:Education for All)」では、「成人非識字率の半減」や「初等教育の完全普及」が目標として掲げられている。しかし、2000年に18%だった非識字者は2015年の見込みでは14%までしか減少していない。

識字率を上げることは一朝一夕にはいかない。長期的な視点で取り組んでいく必要がある課題だ。ケアは、東ティモールへラファエックを届けるだけでなく年6回ほどワークショップも実施して198人の人たちへ教育機会を提供している。国際NGOの草の根の活動は一つ一つは派手ではないが、少しずつ人々の暮らしを改善している。

しかし、本当にすべての人に教育機会を提供する世界を目指すには今のままでは難しいだろう。国際識字デーを機に、多くの人が世界の現状に目を向け、行動する人が1人でも増えることが重要だ。それが課題解決の近道になる。

スマイルギフトキャンペーン特設サイト

■9月30日国際識字デーのイベント

国際識字デーに合わせて、カンボジアなどへ図書館を届ける事業を進めるシャンティ国際ボランティア会とユネスコが共同で、9月30日にイベントを開催する。

○イベント「国際識字デーイベント2016 読み書きの力が、生きる力に」

■関連記事

水汲みで一日6キロ、活躍の機会を失う途上国の女性——国際協力NGO が体験イベントを開催

記事についてご質問や相談がありましたら以下フォームからご連絡ください

----------------------
・お名前

・メールアドレス

・ご職業・ご所属(大学生・会社員など)

・年代

・記事のタイトル(どの記事に関する質問か分かるように必ずご記入ください)

・質問・相談内容

確認送信画面へ進む
 
----------------------


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2016/09/14