「地域の人々のつながりが強く感じられた」—世田谷代田ものこと祭りボランティア体験談

ボランティア
ボランティアやスタッフたちの打ち上げでじゅんさい流しをしているところ

・ボランティア参加者:東京都内大学院1年A・Tさん(男)
・ボランティア日程:2016年8月21日
・ボランティア先:世田谷代田ものこと祭り

「世田谷代田ものこと祭り」ボランティア内容

準備の段階では、近所にチラシを配ったり、のぼり旗を設置したりしました。当日は、チラシ配り、フードコートでスコーンや駄菓子などの販売、子供のお仕事体験のサポートなどをしました。お祭りの終わった後とその次の日には撤収作業を手伝い、テントやのぼり旗、ポスターの片づけなどを行いました。

ボランティアに参加したきっかけ

かねてから何かしらのボランティア活動をしてみたいと思っていたこともあり、夏季休暇になってまとまった時間ができたので、大学にあるボランティアステーションに相談に伺いました。そこで、世田谷代田で開かれる「ものこと祭り」というお祭りの手伝いがあると紹介してもらったことから今回参加させてもらいました。

ボランティアや出店者との出会いが嬉しい

私を含めて多くのボランティアの方が、遠くとも関東圏から来ている中で、静岡県から来たという方がいてとても驚きました。聞いたみたところ、今回のお祭りに出店するためにはるばるやって来たということでした。主に地元の方々との交流になるだろうと思っていたので、こういった出会いがあったのは意外なことで、嬉しかったです。

地域の人々のつながりが強く感じられたのも良い経験に

今回「ものこと祭り」のボランティアを通して、それまではあまり気に留めることのなかった、お祭りの裏側というものを知ることができました。設営や撤去作業の苦労も直に体験してよく分かりましたが、それだけでなく、地域の人々のつながりが強く感じられたのも良い経験になりました。実行委員やスタッフだけでなく、飲食店やコンビニなどの地域のお店も一つにまとまって、お祭りが成り立っているのだということを実感しました。