ALS発症のメカニズム解明に向け、研究費をクラウドファンディングで調達へ

イベント・セミナー

名古屋大学客員教授・宇理須恒雄(うりすつねお)は、2019年2月12日(火)より、難病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症メカニズムを解明するために、研究費を募るクラウドファンディング を開始します。このプロジェクトは、ALSの発症メカニズムの解明に欠かせな世界初の細胞活動の解析装置をつくるためのもの。これまで研究費は国の補助金などでまかなってきましたが、若い研究者を支援するという性質のものが多く73歳という年齢がネックとなり、十分な研究費を工面できなくなってきたことから、業界でもほかに例をみないクラウドファンディング を始めることにしました。


■背景/10万人に1人が発症するALS。2014年には「アイスバケツチャレンジ」が話題に。
ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis /筋萎縮性側索硬化症)とは、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える「運動ニューロン(運動神経細胞)」が侵される難病のひとつ。発症すると全身の筋力が低下し、歩くことも話すこともままならなくなり、発症から3~5年で自力での呼吸が困難となるため人工呼吸器による補助が必要となります。しかし、知覚神経や自律神経は侵されないため、五感や記憶、知性を司る神経は正常のまま体が動かなくなる病気です。10万人に1人が発症すると言われ、現在、日本には約8300人前後、世界には約12万人の患者さんがいますが、いまだ治療法は見つかっていせん。2014年にアメリカで始まった「アイス・バケツ・チャレンジ」では、各界の著名人や政治家が頭から氷水をかぶる動画をSNSを通じて投稿し、ALSの認知向上や研究のための寄付を募っていました。

■経緯/ALS研究のきっかけは、友人からの1通のメール 「ALSにかかりました。」
研究者というとある特定の分野の研究を突き詰めるイメージがあるかもしれませんが、宇理須はこれまでに量子力学、放電、光通信、半導体、液晶ディスプレイ、LSI、分子科学など多岐にわたる分野の研究を渡り歩いており、コンピュータにつかわれるLSIの構造が脳の神経回路の構造と似ていることから、ある時期から神経細胞の研究に取り組んでいます。ALSの研究を始めたきっかけは、友人である自然科学研究機構の佐藤皓教授からメールをいただいたこと。「ALSにかかりました。病因の解明に向けて研究をお願いできませんか」、と直接依頼を受けたのです。そこからです。神経細胞の研究のなかでもALSに特化して攻めようと決めたのは。お見舞いに伺い研究を固く約束しましたが、成果を見ることなく友人は他界。うなだれる奥様やお子様などご遺族にお会いし、必ずや研究を成功させてみせると心に決めました。

■プロジェクト概要/ALS解明に欠かせない「細胞の解析装置」をつくる資金を調達したい。
研究の末、発症のメカニズムの解明に欠かせない、従来にはない細胞活動を多点で観察・解析できる装置の設計図が完成。これまで研究費は国の助成金などを活用してきましたが、若い研究者を応援するという性質のものが多く工面が難しくなってきたため、この度、装置をつくるための資金をクラウドファンディングで募ることにいたしました。

▼▼▼ プロジェクト 概要(利用サーヒ?ス名:CAMPFIRE)
■ プロジェクト 名: 「ALS発症のメカニズムを解明する、世界初の細胞活動の解析装置をつくりたい!」

https://camp-fire.jp/projects/view/100487

■目標金額:2,000,000円 ■開始日:2019年 2 月12 日(火) ■終了日:2016 年 4 月 14 日(日)
※支援してくた?さった金額に応し?てお手紙や特製キーホルダー、研究室の見学などをお返しいたします。

■解析装置の概要/ALS解明に不可欠・世界初の「複数の細胞の活動を同時に解析する装置」
ALS解明のために必要なものは、2つ。ひとつは、患部のサンプル。これはiPS細胞の登場によって解決されつつあります。そしてもうひとつが、今回のプロジェクトで実現を目指す「細胞の解析装置」です。
細胞を単体で解析する装置は、すでにあります。しかし、脳とは無数かつ多種類な神経細胞ネットワークでできている、非常に複雑なもの。ALSをはじめ神経系の難病というのは、その複雑なネットワーク上に遺伝子の変異など発症の原因と、情報を伝達するスイッチの破損などの結果が網目(あみめ)上に分布しており、さらに、その分布は個人個人で異なるため、発症のメカニズムを解明するためには、複数の細胞を同時に解析する必要があるのです。研究の結果、それを実現する技術を発見したため、その装置を作ろうと言うのが今回のプロジェクトです。

■事業者概要/宇理須恒雄(うりすつねお)
昭和21年生まれ。父の仕事の都合で何度も小学校を転校していたことから、行く先々で誰とでも仲良くなる術を身に付け、現在でも友人は多い。ひとり介せば、日本中の研究者とつながるほど。昔から探求心が強く、なんでもイチから知りたい性質が現在に活きている。1973年東京大学理学系大学院化学科修了・理学博士。日本電信電話公社武蔵野電気通信研究所研究員。1983年日本電信電話(株)LSI研究所研究員・グループリーダー。1992年自然科学研究機構分子科学研究所教授。2011年名古屋大学革新ナノバイオデバイス研究センター特任教授。2015年名古屋大学グリーンモビリティ連携研究センター客員教授。2016年名古屋大学未来社会創造機構客員教授。現在に至る。

人類の悲願であるALS治療の希望となるプロジェクトです。
ぜひ貴紙の取材を賜りますようお願いいたします。

問い合わせ先
名古屋大学 客員教授 宇理須 恒雄 TEL 090-5606-3704

イベント・セミナー障がい・LGBT

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

シェアする
NPOニュース編集部をフォローする
NPOニュース|社会課題の取り組みを発信する専門メディア|by NPO新聞