国際協力・国際交流

イベント・セミナー

世界のことに思いを馳せる一日に。国際デーを紹介

誕生日や命日など記念日には、過去のことを思い返したり、感謝をしたりと、その日一日は特別な思いで過ごします。1人の人に特別な日があるように、日本や世界という単位でも特別な日がたくさんあります。毎年8月には、原爆が投下された日、悲劇を忘れずに繰...
イベント・セミナー

石炭火力発電を作り続ける日本へミャンマー人からのメッセージ

11月27日、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)で、No Coal, Go Green! COP21直前セミナーを、環境NPOが開いた。セミナーのテーマは、「村の未来は石炭火力発電では創れない」―ミャンマー各地から日本へのメッセージ...
国際協力・国際交流

難民とは——世界には5950万人の難民、日本は11人のみ認定

「日本では、2014年に5000人が難民申請をしている。しかし、難民認定をしたのはわずかに11人、1%未満だ」。11月20日、NPO法人難民支援協会(JAR)主催の「Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ」に参加した。この日のテーマは自立...
イベント・セミナー

12/1は「世界エイズデー」エイズ無料検査やイベントに参加しよう

2014年1年間における新規HIV感染者報告数は1,091件。 来週12月1日は、世界エイズデー(World AIDS Day)。WHO(世界保健機関)が、エイズのまん延を防ぐために1998年に定めた。また、エイズ患者への差別や偏見をなく...
イベント・セミナー

「経済成長は本当に人を幸せにするのか」、JVC35周年イベント開催

9月25日、「世界から中心をなくそう」、「経済成長は本当に人を幸せにするのか」をテーマに、JVC(日本国際ボランティアセンター)は35周年記念シンポジウムを開いた。JVC代表理事の谷山博史さんは、35年という節目の日に、改めて経済成長至上主...
国際協力・国際交流

9月8日は「国際識字デー」

9月8日は国連が定める国際デーのひとつ、「国際識字デー」だ。15歳以上で文字を読み書きできない人(非識字者)は、世界で約7億7400万人もいる。世界では、文字が読み書きできることは、決して当たり前ではない。 文字が読めないことで、軽い...
国際協力・国際交流

<石炭火力発電No>国軍が関与して整地強行―JBICに緊急要請書を提出

日本の国際協力銀行(JBIC)が巨額の公的資金を投じて進めようとしているインドネシア・中部ジャワ州バタン県の石炭火力発電所は、長年にわたり農業・漁業を営んできたの村人の生活を一変させようとしている。東南アジアではインドネシアだけでなく、ベト...
NPONGOで働く

「国際NGOの職員として25年、現在はカフェのマスター」JVC日本国際ボランティアセンター清水俊弘さん

南アルプスの山々が大パノラマに見渡せる山梨県の穴山という小さな町に「おちゃのじかん」という夫婦で営む小さなカフェがある。手作りの木製ベンチで自....
NPONGOで働く

企業からNGOへ転身、「大変な仕事も”世界を変える”につながるから面白い」シャプラニール京井杏奈さん

毎年夏休みになると大学生が中学生・高校生に向けて国際協力ワークショップをする3泊4日の合宿が行われる。コーディネーターは国際協力NGO「シャプラニール=市民による海外協力の会」で国内活動グループを担当する京井杏奈さん。 「NGOの仕事...
国際協力・国際交流

「こうなると世界は楽しい」緊急支援NGOのJEN20周年イベント

「遠い国からここに支援に来てくれてありがとう。モノは配ったらそれでおしまい。何も残らない。でもJENのプロジェクトは違う。心に残る」。NPO法人JEN(Japan Emergency Ngo)は2014年で設立20周年を迎えた。秋晴れの10...