国際協力・国際交流

NPO/NGOを知る

〈世界本の日〉使い終わったランドセルを、アフガン少女へ贈ろう

国際協力NGOのジョセイフは世界の本の日に、使っていないランドセルの募集を始めた。集めたランドセルは同団体がアフガニスタンの子供たちに贈り届ける。アフガニスタンは女性の識字率が世界ワースト3位。ランドセルを届けることで、教育の意識改善につな...
イベント・セミナー

【トークイベント】 ~映画×国際協力~途上国の子どもたちに映画を届けるNPO World Theater Project現地活動報告会 5月21日開催

途上国の子どもたちに映画を届けるNPO法人CATiC(World Theater Project)は、5月21日(日)の世界文化多様性デーに、カンボジアでの映画上映の報告会「~映画×国際協力~途上国の子どもたちに映画を届けるNPO Worl...
NPO/NGOを知る

「アフリカ女性が直面する課題、水汲みの過酷さ伝えたい」—女子高生コンビ、国際協力の挑戦

アフリカの貧困地域では、女性が水汲みや薪集めのため毎日約6キロの距離を何時間もかけて歩く。だが、非効率な水汲みによって、女性は仕事や勉強をする時間がなく、貧困から抜け出すことは困難な状況にある。 東京都内に住む高校3年生の正木桃子さん...
NPO/NGOを知る

日本に住む難民の子どもたちが、給付型奨学金で夢を目指す

日本に住む難民の子どもたちは経済的に厳しい状況にある。だが、夢を目指し大学や大学院などで学業を続けたいという学生もたくさんいる。難民支援NGOのさぽうと21は2005年から「坪井基金」として給付型奨学金の提供を始めた。26日は東京で今年支援...
NPO/NGOを知る

赤十字スタッフがアフガニスタン・シリアで殺害、紛争地で相次ぐ人道支援団体の犠牲

アフガニスタン北部のジョズジャン州で赤十字国際委員会のスタッフ8人が8日、支援物資を運搬中に襲撃され、6人が死亡、2人は行方不明となった。同日、シリア・アレッポの配給センターも襲撃を受け、赤新月社(※)スタッフ1人と支援を受けにきた2人が死...
ボランティアを探す

アジアだけではなく、国際ボランティアはヨーロッパでもできる

国際ボランティアとは、アジアやアフリカなど経済的に豊かでない国を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。日本で募集されているプログラムでは、「カンボジアで家を建てよう」や「インドの施設でボランティア」などアジアのプログラムをよくみかける。し...
イベント・セミナー

世界140カ国に放映された NHKワールドに出演! NPO法人CATiC、ワンワールドフェスティバル出展のご案内(2/4・2/5)

映画を通じた途上国支援を行うNPO法人CATiC(World Theater Projectに名義変更中)が、2月4日5日と国際協力のお祭り「ワン・ワールド・フェスティバル」に出展します。 ■NPO法人CATiCの紹介と出展の経緯 ...
NPO/NGOを知る

書き損じ年賀はがきが、途上国支援になる理由

年賀はがきの抽選結果が15日、発表されました。抽選に外れてしまったはがきでも、未使用のものや書き損じのものを活用する方法があります。多くのNGOがキャンペーンとして書き損じはがきを募集し、各団体の活動の資金源としています。 例えば、ケ...
国際協力・国際交流

~あつめて国際協力~書き損じ年賀はがきをあつめています

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパンでは、ご自宅や学校で使わなくなったモノを再利用することで、途上国の貧困問題を解決していく「あつめて国際協力」を行っています。書き損じはがきで国際協力しませんか。 書き損じはがき22枚、約...
NPO/NGOの本・映画

共通するのは「人間らしく生きたい」という一人ひとりの願い——1/28,29 アムネスティ・フィルム・フェスティバル

アムネスティ・インターナショナル日本は1月28日・29日、都内でアムネスティ・フィルム・フェスティバルを開く。混迷を深めるシリア紛争、収束の兆しが見えない難民危機、グローバル化と格差拡大など、私たちが生きるこの世界で現実に起きているさまざま...