環境・農業

イベント・セミナー

2/22 フェア・ファイナンス・スクール〜お金の教室〜

関連記事:兵器産業等に投資する銀行に「ノー」を言う——銀行の通信簿「フェア・ファイナンス・ガイド」とは? 近年、ダイベストメントやESG投資をはじめとして、社会的な金融の取り組みが広がってきています。ただ、「興味があるな、やってみたい...
災害・被災地

原発事故の避難者はいま

東京電力福島第一原子力発電所の事故からまもなく6年。「福島復興加速化指針」として避難指示区域が次々に解除になり、帰還が促進されている中で、避難者たちは精神的に追いつめられた状況に置かれています。 避難者の半数以上が、災害救助法に基づく...
環境・農業

東京オリ・パラ施設で違法木材を使わないで-国内外44団体、IOCへ要望書を提出

2016年12月6日、2020年東京オリンピックの経費削減策の議論が続くなか、FoE JapanやFoEインターナショナルのメンバーを含む国内外NGOなど44の市民団体は、国際オリンピック委員会(IOC)に対して、東京の新国立競技場や他の競...
NPO/NGOを知る

兵器産業等に投資する銀行に「ノー」を言う——銀行の通信簿「フェア・ファイナンス・ガイド」とは?

銀行等へ預けられる預貯金は約950兆円。このお金はどう使われているのか。銀行によってはクラスター爆弾製造企業や、気候変動を引き起こす化石燃料関連企業への投融資に使い、社会の悪い流れを引き起こしている。 銀行からのお金の流れを「フェア=...
ボランティアを探す

宮城の復興支援に、海岸林の育樹ボランティア募集

東日本大震災のとき津波で流された宮城県山元町海岸のマツ林は古くから農地や住宅地を海風から守ってきました。この役割を取り戻すために、2015年4月から始まった海岸林再生活動。この秋には、苗木を守るための育樹活動を行います。今は小さな苗木を山元...
イベント・セミナー

Fair Finance Guide Japan 2周年記念国際シンポジウム 世界に学ぶエシカル消費~スウェーデンの銀行を変えた消費者のチカラ

核兵器などの非人道的兵器をつくる企業に1兆4,000億円。 労働問題を起こしてきた「ブラック企業」に3,000億円。 環境破壊に加担してきた企業に4兆8,000億円 日本の銀行からは問題企業に多額のお金が流れていることが 私たち...
イベント・セミナー

【11/29(火)】フェア・ファイナンススクール「市民=預金者が世界を変えるためにできること」

「兵器」「人権」「気候変動」等のテーマ毎に、銀行の投融資方針を比較するウェブサイト「Fair Finance Guide」の日本版()が2014年12月に立ち上がりました。 銀行が「社会に悪影響を及ぼす企業/事業に投融資しない」といっ...
NPO/NGOを知る

日本は出遅れた?第1回パリ協定締約国会合(CMA1)とは

モロッコのマラケシュで11月7日から18日にかけて、第22回国連気候変動枠組条約(COP22)が開かれている。11月15日の夜には「第1回目のパリ協定締約国会合」が始まる。2015年に世界196ヶ国が温室効果ガスの排出を実質ゼロにするという...
環境・農業

甲状腺がん子ども基金発足

甲状腺がん悪性または疑いと診断された子どもたちの数は、1巡目2巡目合わせて174人にのぼります(2016年9月14日現在)。このうち手術後に甲状腺がん悪性と確定した子どもたちは135人。福島県の近県でも、子どもたちの甲状腺がんが報告されてい...
NPO/NGOを知る

A SEED JAPAN25周年記念、環境・国際協力などNPO/NGO代表らと市民社会を語る

1992年のブラジル・リオデジャネイロの環境サミットで若者たちが声をあげたことから始まった、環境NGOの「A SEED JAPAN(ASJ)」が今年、25周年を迎えました。11月13日には25周年記念イベントを開き、環境問題に関心のある若者...