災害・被災地

災害・被災地

台風被害のNPOにマイクロソフト製品を無償寄贈

台風19号は現地で活動するNPO団体へも被害を与えた。復旧・復興の直接的な支援活動だけでなく、NPOが被害を受けることで福祉や教育、居場所づくりなど日常の支援が止まってしまうことが懸念されている。 IT企業のソフトウェアを仲介するテ...
災害・被災地

熊本地震後、子育て世帯の6割以上が塾に通えない可能性もーーNGO調査で課題みえる

熊本地震が2016年に起こってから、家計が赤字となった子育て世帯は震災前の13.3%から40.2%に増加した。子どもの学習の面では、「塾や習い事を経済的な理由で諦めさせたり、やめせたことがある、その可能性がある」世帯は63.3%もある。熊本...
災害・被災地

「学生の関心薄れず」中央大学学生が東北の被災地支援ボランティア6年目に

中央大学の学生87人が、この夏、東日本大震災の被災地を訪れボランティア活動を実施する。活動は6年目。学生の関心は薄れることなく被災地支援を続けている。 中央大学のボランティアセンターに登録する公認学生団体として活動は代々受け継がれてい...
災害・被災地

陸はきれいだが、海に残るがれき。海中清掃を続けるボランティアのダイバーたち

東日本大震災から6年、がれきの山だった町中はきれいになってきた。だが、海の中にはまだ船や車のがれきが残っている。海の再生はまだ終わっていない。 ■もっと課題を知ってもらいたい 岩手県大船渡市。ダイバーや地元漁師らが海の大型がれきの撤去や...
子ども・教育

被災地での「子どものこころのケア」をまとめた一冊 保育者やボランティア必読

災害によって心に影響を受ける子どもは多い。「被災後の子どもの安心のために保育者ができること」には、熊本地震の体験を踏まえて、保育者やボランティアなど子どもに関わる人たちに役立つ内容が書かれている。NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパンが、...
イベント・セミナー

忘れないで、、、東日本・熊本の震災復興イベント、相次いで開催

熊本地震から10ヶ月、東日本大震災から6年。被災地からは風化がこわい、忘れないでという声が聞こえてくる。だが、NPOの取材をするなかでも、被災地のことを取り上げることが減ってしまっている。世の中では日々さまざまなことが起こっている。人々の興...
災害・被災地

原発事故の避難者はいま

東京電力福島第一原子力発電所の事故からまもなく6年。「福島復興加速化指針」として避難指示区域が次々に解除になり、帰還が促進されている中で、避難者たちは精神的に追いつめられた状況に置かれています。 避難者の半数以上が、災害救助法に基づく...
ボランティア

2/10~2/13 福島いわきで農作業の手伝いや、マラソンのサポート、交流等ボランティア募集

東日本大震災で被災した福島県でのボランティア募集です。日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)が主催するチーム「ながぐつ」プロジェクトは、2011年から始まり、2016年3月末には9286人の学生ボランティアが福島など東北の地を訪れ...
災害・被災地

SEKAI NO OWARIが東北復興支援!寄付金総額3000万円に達する

ロックバンド「SEKAI NO OWARI」が行う東北復興支援への寄付金総額が3000万円に達した。2011年から毎年、チャリティーリストバンドを販売し、売り上げの一部を寄付してきた。寄付先は、「鎮守の森プロジェクト」。東日本大震災の復興に...
国際協力・国際交流

エクアドル大地震から6カ月経った今の状況は?

エクアドル地震で家が倒壊したアナさんは、18人ひとつ屋根の下で肩を寄せ合いながら生活をしている。4月16日に発生したマグニチュード7.8のエクアドル地震以来、多くの人がいまだに仮設の避難所での生活が続いている。10月で地震発生から半年となり...