子ども・教育

ボランティア

東京近郊でできる「学習支援ボランティア」とは?

子どもや教育に関するボランティアをしたい場合、「学習支援ボランティア」が選択肢にあがります。ただ、学習支援といっても対象や内容はさまざまです。ここでは東京近郊でできる学習支援ボランティアを紹介します。 ■フリースクールでの学習支援ボラ...
まちづくり

[本]子ども食堂の作り方・誕生話をまとめた一冊、豊島子どもWAKUWAKUネットワークが出版

子ども食堂の火付け役となったNPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワークが8月、「子ども食堂をつくろう!人がつながる地域の居場所づくり」を出版した。子ども食堂誕生のエピソードや立ち上げノウハウなどを紹介する。子ども食堂がブームとなりつつ...
ボランティア

不登校や外国籍の子どもに勉強を教える「フリースクールボランティア」--おっちー塾

おっちー塾とは。取り組む課題は。 おっちー塾は、2008年に塾長の落合嘉弘さん(通称おっちー)が立ち上げたフリースクールです。小学生から高校生まで幅広い年代の中でも、生きづらさを抱え不登校になっている子どもや、外国籍で学校の勉強についてけな...
国際協力・国際交流

シリア難民270万人の苦境、単身トルコへ渡り教育支援に挑む日本人女性

シリア紛争は5年目に入り、トルコでは270万人のシリア難民が、行き場を失い苦しい日々を過ごしている。半数は18歳未満の子どもで、約68%は教育を受けていない。未来を生きる子どもたちに希望を残すため、一人の日本人女性が、現地の人と協力して子ど...
子ども・教育

「子どもの貧困」でも塾に行ける、教育クーポンで希望を届ける、NPOチャンス・フォー・チルドレン

公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)は、教育格差をなくすため、塾などで使える教育クーポンを、東日本大震災で被災した貧困家庭の子どもに、2011年から提供している。日本の教育は、先進国と比較して公的支出が少なく、各家庭の費用負担...
イベント・セミナー

映画「みんなの学校」の校長先生が語るインクルーシブ教育とは?

特別支援学級はなく、すべての子どもが一緒の教室で、安心して学べる環境を作っている小学校が大阪にある。「みんなの学校」は、少し変わった普通の公立、大空小学校を舞台にしたドキュメンタリー映画だ。4月2日、「みんなの学校」上映会と、木村泰子元校長の講演会が行われた。テーマは「インクルーシブ教育って何だろう?」。
子ども・教育

東京タワーが青く染まる、4月2日は「世界自閉症啓発デー」

4月2日、夜になると東京タワーが青くライトアップされた。いつもとは違う青い光に、カメラを向ける人も多かった。「世界自閉症啓発デー」では、東京タワー以外にも、日本各地のランドマークや城、観覧車などをブルーにライトアップして、自閉症のことをもっ...
子ども・教育

多様な人が混ざり合う安心感、「まぜこぜ社会」を描く——Get in touchがイベントを開催中

一般社団法人Get in touchは、誰もが安心して生きられる「まぜこぜ社会」を広めるため活動を行っている。2011年に活動をスタートして、障がいのある人や生きづらさを抱える人のアート展を開く活動などを続けてきた。
国際協力・国際交流

3月8日は国際女性デー。女性の権利を訴える日?女性に感謝をする日?

国連が1975年に、3月8日を国際女性デー(International Women's Day)と定めた。国際女性デーの起源は、アメリカのニューヨークで女性の参政権を求めてデモを起こしたことと言われている。以来、この日には、世界各地で女性の権利を訴えるデモが行われている。
まちづくり

全国に広がるこども食堂、サミットに約300人が参加

一人親家庭で十分食事が食べられないこどもや、親の帰りが遅く1人でコンビニ弁当を食べるこどもたちに無料や格安で食事を提供するこども食堂が、全国で広がっている。1月11日、こども食堂ネットワークが開いた「こども食堂サミット」には、福島や沖縄、福岡など全国から約300人が参加した。