石井食品、毎月300食を貧困支援NPOのおてらおやつクラブに寄付

石井食品がおてらおやつクラブに寄付 子ども・教育

食品メーカーの石井食品は、経済的に困難な状況にある家庭を支援するNPO法人おてらおやつクラブと提携し、ミートボールなどの食品を寄付する活動を始めた。お寺の住職が始めた同NPOは、様々なお供え品を寄付する「おすそわけ」の活動を行なっている。石井食品は、賞味期限内だが出荷ができない製品を毎月300食ずつ寄付していく。

おてらおやつクラブは1000を越えるお寺と連携して、約1万人におすそ分けを送っている。

石井食品はおてらおやつクラブの取り組みに共感し、食品メーカーとして何か協力ができないかと考え、商品の寄付を行うにいたったという。取り組みによって、同社の食品ロスの削減にもつながる。

おてらおやつクラブは支援団体や家庭に「おすそわけ」の品を発送するボランティアも募集している。

活動内容・実績 | おてらおやつクラブ – 貧困問題に取り組む お寺の社会福祉活動 –
子ども・教育記事

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

シェアする
NPOニュース編集部をフォローする
NPOニュース|NPOなどソーシャルな活動の情報発信をするウェブメディア・ポータルサイト|by NPO新聞