NPOとは?意味やNGO・ボランティアとの違いなどわかりやすく解説

NPOとはNPO

NPOとは聞いたことはあるけれど詳しくは知らないという人は多いです。この記事ではNPOの言葉の意味や、NGOとの違い、ボランティアとの違い、活動分野などを、わかりやすく解説していきます。

NPOとはどういう意味か

まずNPOは「Non Profit Organization」の略です。言葉のままの意味では非営利組織ですね。この言葉から誤解されやすいのが「非営利だから利益をえないんでしょ?」という点です。

ここでいう、「非営利」は利益が出てもメンバーで分けないで活動目的を達成するために使うという意味合いです。社会課題を解決するには活動を継続し広げていく必要があるので、そのためにも資金が必要なので、ものを売ったりセミナーを開いたりなど自主事業をして利益を出すことも重要です。

そのためNPOを「Not for Profit Organization」という人もいます。

NPOとNGOの違い

NGOは「Non-governmental Organization」の略です。日本語では「非政府組織」となります。

国連での会議の正式な参加国以外のものを指す言葉として用いられ始めたことからも、国境を越えて活動する団体によく用いられます。

日本では、特に国際協力や環境の分野の団体ではNPOよりNGOのほうがよく用いられています。

営利を目的としないという点を重視したのがNPO、政府とは異なる民間の立場を重視したのがNGOといえるでしょう。

NPOとボランティアの違い

NPOとボランティアの関係は、組織と個人という観点から、企業とそこに勤める従業員の関係に近いといえるかもしれませんが、NPOにはボランティアという無報酬で関わる人がいる点で、企業とは大きく異なっています。

NPOにとっては、組織の運営にボランティアとして関わる理事や監事などの役員も欠かせない存在です。

NPOには、ボランティアだけで活動しているものもあれば、日常的には全くボランティアのいないものもあります。

NPOの数はどれくらいあるのか

NPOの数や活動の実態は、なかなか把握できないのが現状です。その理由としては、NPOという言葉の示す範囲が、人によって異なるからです。活動分野、法人種別、団体の財政規模など、NPOを示す指標はさまざまにあります。また、多くのNPOは法人格を持たない任意団体として活動しているケースが多いのが現状です。一般法人(非営利型)、公益法人、社会福祉法人も民間団体という意識をもって活動していればNPOと考えることもできますし、どこまでをNPOというかは判断が難しいところです。

NPO法人数の推移

2008年11月の内閣府の調査では、市民活動団体(NPO法人と任意団体)は全国に7万団体あると発表されています。NPO法人の数は、2017年1月末で51,499 あります。
内閣府のホームページでは、各所轄庁に認証されたNPO法人数や認証申請数を公開しています。

関連記事
NPOとNGOの違いとは?
【NPOのお金の違い】助成金、寄付金、会費、事業収入の違いを解説
NPO非営利セクター、NGOセクター、ソーシャルセクターの違いは?