熊本地震で、NGOがレスキューチームの派遣を開始

国際協力・国際交流

熊本県で14日に最大震度7を観測した地震で、広島に拠点をおく、国際協力NGOのピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、災害救助犬、レスキューチームの派遣を開始した。

災害時の救助には、初動が重要となる。PWJは、地震発生から、約2時間後の午後11時20分頃に第一陣が広島を出発した。第二陣は、15日午前1時半ごろ出発。

PWJは、緊急寄付の募集も、同時に始める。寄付は、被災した人々の支援に活用される。
http://peace-winds.org/news/emergency/9577