心のバリアフリー好事例企業にANAやキャノンなど11社

記事

障害者や高齢者、子ども連れなど誰もが暮らしやすいまちを作るには、ハード面だけでなく一人ひとりの「心のバリアフリー」が大切だ。さまざまなNPOなどが、障害の理解促進やボランティア参加など交流する機会を通じて、心のバリアを取り除く活動を行なっている。東京都は「心のバリアフリー」を広げるために、NPOだけでなく先進的な取り組みを行う企業を「サポート企業」として150社登録している。そのうち、11社を好事例企業として選んだ。

11社は以下の通りだ。障害者や高齢者などに配慮したサービスを提供したり、従業員への理解促進の研修、体験学習を行っている。

「東京都『心のバリアフリー』好事例企業」

あいおいニッセイ同和損害保険、キヤノン、京王プラザホテル、芸術と遊び創造協会、KNT-CTホールディングス、自由が丘商店街振興組合、全日本空輸、丹青社、日本電気、ブライト、前田道路 東京支店

記事障がい・LGBT

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

シェアする
NPOニュース編集部をフォローする
NPOニュース|NPOなどソーシャルな活動の情報発信をするウェブメディア・ポータルサイト|by NPO新聞