遺贈寄付とは?遺産を社会貢献に

記事

遺贈とは、遺産を子どもやパートナーなどの法定相続人以外へ、遺言に基づきゆずりわたすこと。NPOなどの団体を遺贈先に選び寄付することを遺贈寄付という。

国境なき医師団日本が2018年に行った調査によると、約5割の人が遺贈を検討するなど遺贈の意向があるとわかった。遺贈の認知も広がってきており、40代からあがっていき、70代で85.5%に達した。

具体的には「専門家の意見を聞きたい」「遺贈についての知識を身に付けたい」といった回答もあり、遺贈寄付への関心があるため、さらに理解を深めたいという意向がみられた。

国境なき医師団日本は2018年6月22日から28日に全国の20代〜70代男女1200名にインターネット調査を行なった。

http://www.msf.or.jp/legacy_survey2018/pdf/survey2018.pdf

記事

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

シェアする
NPOニュース編集部をフォローする
NPOニュース|社会課題の取り組みを発信する専門メディア|by NPO新聞