ミライユ、認定特定非営利活動法人カタリバと協働で高校生の就職支援プログラムを開始

ミライユ、認定特定非営利活動法人カタリバと協働で高校生の就職支援プログラムを開始NPO・NGOのプレスリリース

関連記事
NPO(非営利団体)とは?意味やボランティアとの違い、NPOの種類や数などわかりやすく解説

提供:PR TIMES

就職を考えている高校生に対して、選択肢を最大化するための、キャリア教育プログラムを認定特定非営利活動法人カタリバ(以下、カタリバ)と連携して開始します。

■今回の連携について
転職支援サービスを提供する株式会社ミライユ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡田 侑也、以下ミライユ)は、カタリバ(本部:東京都杉並区、代表理事:今村久美)と、高校生向けの就業支援プログラム(以下本プログラム)を開始しました。
協業内容として、同法人が支援する、困窮する高校生や若年層に対して、業界説明や自己分析や面接練習、求人紹介を進路相談から、就職後のサポートもミライユが行う事で、若者のより良い未来をサポートします。

■背景

現在、日本の子供の7人に1人が困窮の状態にあります。
学校や家庭に居場所がなく就職したい気持ちはあるものの、「誰に進路相談をすればいいかわからない」「どのような就職先があるかわからない」そんな想いを抱えている高校生や若者が多数いらっしゃいます。

就職活動に一歩踏み出せるようになってほしいと考え、2022年2月より、認定特定非営利法人カタリバと連携し就職応援プログラムの提供を開始致しました。
子どもから大人になる大事な過渡期に、不登校や家庭環境に問題を抱えた高校生や若者に対して、全面的な就職支援を行っていきます。

■本プログラムの内容

 進路相談をする中で、働くことの意義を考える事から、実際に世の中にどんな仕事があり、どのようなキャリアを歩んでいきたいか、ライフプランの計画など、全面的に相談を受け、より自分に合った未来を選択していただきます。その中で、就職の道を選んだ方に対しては、書類の添削や面接練習から入社まで、全面的にバックアップを行います。

協働プログラムのフロー図協働プログラムのフロー図
 様々な困難を抱えた高校生にとって、身近な大人である親・教師以外の大人との接点は非常に少ない状況です。社会と一定の距離がある彼らの可能性を最大限引き出すべく、就職支援により困窮の連鎖を断ち切ることをめざします。

■認定特定非営利法人カタリバについて
法人名 :認定特定非営利法人カタリバ
代表者 :代表理事 今村 久美
所在地 :東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F

事業内容:
高校生へのキャリア学習・プロジェクト学習プログラム提供(全国)/被災地の放課後学校の運営(宮城県女川町・岩手県大槌町・福島県広野町・熊本県益城町)/災害緊急支援(西日本豪雨、令和元年東日本台風、熊本豪雨)/地域に密着した教育支援(東京都文京区・島根県雲南市・島根県益田市)/困窮世帯の子どもに対する支援(東京都足立区)

法人URL:https://www.katariba.or.jp/
■株式会社ミライユについて

2014年の創業以来、ビジネスを通じて社会問題の解決に取り組む企業です。日本社会の根本課題の一つである少子高齢化の解決に貢献すべく、みんなのミライを豊かにできる企業を目指しております。

法人名 :株式会社ミライユ
代表名 :代表取締役 岡田 侑也
所在地 :東京都千代田区神田錦町3丁目13−7 名古路ビル本館 1階
企業URL:https://miraiyu.co.jp
提供サービス一覧
若年層の就業支援タネックス:
https://miraiyu-career.com/tanex/

タクシードライバーの転職支援ドライバーズワークタクシー:
https://www.drivers-work.com/

物流業界の転職支援ドライバーズワーク:
https://logi.drivers-work.com/