食品ロスを社会に活かす「フードバンク」でボランティア

フードバンクは、あまり捨てられる食品を寄付で受け取り、貧困家庭や難民、女性シェルターなどへ寄付を行う仕組みだ。フードバンクは現在、全国で・・拠点ある。代表的なNPOであるセカンドハーベストジャパンは2000年から活動をしている。

日本国内では食品ロスが年間・・・トンある。毎日・・・ある計算だ。消費期限以外に、販売期限がある。フードバンクでは捨てられてしまう食品を再度価値とすることが可能だ。

フードバンクでのボランティアは多岐にわたる。一つは仕分けボランティアだ。受け取ったボランティアを袋に詰め込む重要な作業だ。

炊き出しを行なっている団体もある。受け取った食材を使って調理をして、野外生活者などに提供をする。

他にはドライバーボランティアもある。

上述のセカンドハーベストジャパンには毎週約100名ほどのボランティアがいるという。10年以上活動するレギュラーボランティアがいる。

新しいボランティアが来た時には、ボランティのなかでリードボランティアという役割を作り指示を出してもらう。限られたスタッフ数のなかで、

ボランティアのなかには外国人旅行で社会を知りたいボランティアもいるという。日本人にとっては、ボランティアで国籍を超えた参加者に出会える機械にもなる。

記事

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

シェアする
NPOニュース編集部をフォローする
NPOニュース|NPOなどソーシャルな活動の情報発信をするウェブメディア・ポータルサイト|by NPO新聞