2016-11

災害・被災地

SEKAI NO OWARIが東北復興支援!寄付金総額3000万円に達する

ロックバンド「SEKAI NO OWARI」が行う東北復興支援への寄付金総額が3000万円に達した。2011年から毎年、チャリティーリストバンドを販売し、売り上げの一部を寄付してきた。寄付先は、「鎮守の森プロジェクト」。東日本大震災の復興に...
イベント・セミナー

「私たちは難民問題に何ができるのか?」を知る3つのイベント

かつてないほどの規模で世界各地に難民が広がっている。シリアやアフガニスタン、ミャンマーなど母国を追われて、国外へ逃れる難民の人々は苦しい生活を余儀なくされる。難民となった人々が抱える課題に対して私たちには何ができるのか。一年を締めくくる時期...
記事

あたりまえに電話が使えないってこんなに不便なんです——電話リレーサービスとは?

100人に1人は耳にハンディをかかえている。 ご存知ですか?国内には、耳にハンディキャップを持っている人が少なく見積もっても100万人以上いると言われています。およそ100人に1人となる計算です。 そして、筆者の私もその内の1人...
イベント・セミナー

Fair Finance Guide Japan 2周年記念国際シンポジウム 世界に学ぶエシカル消費~スウェーデンの銀行を変えた消費者のチカラ

核兵器などの非人道的兵器をつくる企業に1兆4,000億円。 労働問題を起こしてきた「ブラック企業」に3,000億円。 環境破壊に加担してきた企業に4兆8,000億円 日本の銀行からは問題企業に多額のお金が流れていることが 私たち...
イベント・セミナー

【11/29(火)】フェア・ファイナンススクール「市民=預金者が世界を変えるためにできること」

「兵器」「人権」「気候変動」等のテーマ毎に、銀行の投融資方針を比較するウェブサイト「Fair Finance Guide」の日本版()が2014年12月に立ち上がりました。 銀行が「社会に悪影響を及ぼす企業/事業に投融資しない」といっ...
国際協力・国際交流

シリア紛争地が東京に現れた——トリックアートを路上展示

終わらない紛争でシリアの街はずたずたに破壊された。がれきの山と化したシリアの街の一角が17日、明治大学のリバティタワー前に現れた。 国際人権団体のアムネスティ・インターナショナル日本が、シリア紛争の現実を知ってもらうために、トリックア...
子ども・教育

子どもの教育格差を失くすには「大学生ボランティア」が不可欠

勉強したくても塾に行くお金がない。授業についていけないことを相談できる人がいない。子どもたちにはどうすることもできない家庭環境や経済的な理由で勉強する機会に恵まれない「教育格差」という社会問題。 東京葛飾区や墨田区には困難な状況にある...
ボランティア

「子ども」も「大学生ボランティア」も成長する学習支援ボランティア--Learning for all

NPO法人Learning for All(LFA)では、「子どもの貧困」や「教育格差の解消」に関心のある大学生を募集しています。毎週土曜に小中学生へ大学生ボランティアが勉強を教えます。 LFAで学習支援ボランティアをする魅力は、「ボラン...
ボランティア

東京近郊でできる「学習支援ボランティア」とは?

子どもや教育に関するボランティアをしたい場合、「学習支援ボランティア」が選択肢にあがります。ただ、学習支援といっても対象や内容はさまざまです。ここでは東京近郊でできる学習支援ボランティアを紹介します。 ■フリースクールでの学習支援ボラ...
環境・農業

日本は出遅れた?第1回パリ協定締約国会合(CMA1)とは

モロッコのマラケシュで11月7日から18日にかけて、第22回国連気候変動枠組条約(COP22)が開かれている。11月15日の夜には「第1回目のパリ協定締約国会合」が始まる。2015年に世界196ヶ国が温室効果ガスの排出を実質ゼロにするという...