2016-10

国際協力・国際交流

エクアドル大地震から6カ月経った今の状況は?

エクアドル地震で家が倒壊したアナさんは、18人ひとつ屋根の下で肩を寄せ合いながら生活をしている。4月16日に発生したマグニチュード7.8のエクアドル地震以来、多くの人がいまだに仮設の避難所での生活が続いている。10月で地震発生から半年となり...
環境・農業

甲状腺がん子ども基金発足

甲状腺がん悪性または疑いと診断された子どもたちの数は、1巡目2巡目合わせて174人にのぼります(2016年9月14日現在)。このうち手術後に甲状腺がん悪性と確定した子どもたちは135人。福島県の近県でも、子どもたちの甲状腺がんが報告されてい...
障がい・LGBT

「情報格差は解消すべきか?」(2)

前回書いた「情報格差は解消すべきか?(1)」にて、「オープン/クローズド」という用語の使い方が不適切だったため訂正する。 状態が二分するという意味でのオープン/クローズドではなく、情報の入手のしやすさ(=情報アクセシビリティ)には、下...
イベント・セミナー

A SEED JAPAN25周年記念、環境・国際協力などNPO/NGO代表らと市民社会を語る

1992年のブラジル・リオデジャネイロの環境サミットで若者たちが声をあげたことから始まった、環境NGOの「A SEED JAPAN(ASJ)」が今年、25周年を迎えました。11月13日には25周年記念イベントを開き、環境問題に関心のある若者...
環境・農業

地球の生物多様性が58%減少、日本人の暮らしには地球2.9個分が必要——NGOが警告

地球の生物多様性は1970年から2012年の間で、58%減少したことが環境NGOのWWFの調べで明らかになった。エネルギー利用による多量のCO2排出や、食料廃棄物を過剰に出すような生活を送り続けることで、いずれ人類も豊かな生活を送ることがで...
NPO/NGOの本・映画

【本】NPOで働く女子、「N女」の働き方を伝える

NPOなどの非営利セクターで働く「女性」は確実に増加している。「N女の研究」という一冊は、NPOで働く女性を「N女(エヌジョ)」と呼び、実際に働く人へのインタビューを通じて、働く姿を解明する内容だ。この本の特徴は、NPOで働く女性の中でも、...
国際協力・国際交流

巡回診療、保健衛生指導、家庭菜園が3つの柱

~命を育み、夢を育て、ミャンマーの未来を創る自立支援~ ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)は、ミャンマーの 無医村で住民に「巡回診療」「保健衛生指導」「家庭菜園支援」の活動を通じ保健衛生・栄養などを学ぶ機会を提供し...
ボランティアを探す

東京都内でできる環境ボランティア

環境ボランティアの種類は、森林を保全するための「植林」や「間伐」、環境をきれいに保つ「ゴミ拾い」や「美化活動」などさまざまな活動があります。大自然の中で土や木を五感で感じながら行う環境ボランティアもありますが、森林へ行くには時間もかかり日常...
障がい・LGBT

「情報格差は解消すべきか?」(1)

情報格差は、個人が努力して解消すべきだという意見をときどき聞くが、私はそう思わない。そもそも情報は、固有財ではなくて、共有財であるべきだからである。 世の中には、誰も知らない情報を切り売りする、つまり、情報の非対称性を利用したビジネス...
文化・スポーツ

障がい者と健常者がチームメイトとしてプレイするユニファイドスポーツが示す未来

身体障がい者のスポーツの大会、パラリンピックに注目が集まっているが、知的障がい者と健常者が一緒にプレイするユニファイドスポーツを知っている人はどれくらいいるだろうか。ユニファイドスポーツは、障がい者を「アスリート」、健常者を「パートナー」と...