2016-07

環境・農業

原発事故避難者の住宅支援継続を求めて―支援のためのセンター設立へ

原発事故による避難者の多くは、現在、災害救助法に基づく「借り上げ住宅制度」による住宅支援を受けています。この支援の打ち切りが来年3月に迫っており、避難者は経済的にも精神的にも追い詰められています。 私たちがお会いした避難者たちは、以下...
環境・農業

<石炭火力発電No>「日本の融資決定は住民無視」緊急抗議アクションを決行

日本の国際協力銀行(JBIC)が巨額の公的資金を投じて進めようとしているインドネシア・中部ジャワ州バタン県の石炭火力発電所は、長年にわたり農業・漁業を営んできたの村人の生活を一変させようとしている。東南アジアではインドネシアだけでなく、ベト...
国際協力・国際交流

南スーダン独立5年。世界で最も新しく、最も貧しい国はいまどうなっているのか?

世界で最も新しい国、南スーダンが誕生してから9日で、5年が経った。四半世紀に及ぶ北部との内戦では、200万人以上の死者を出した。アフリカで54番目となる独立国家が生まれたとき、市民たちは歓喜に沸き、希望の未来が見えていたはずだった。 ...
ボランティアを探す

8/5 仙台七夕まつりでイベントボランティア募集

毎年8月に開催する「仙台七夕まつり」で、縁日・ステージの運営や会場の準備運営などを行うボランティアスタッフを募集しています。東北復興の願いと未来への希望をこめて開かれるお祭りに関わってみませんか?参加者として行くのとは違った視点で東北のこと...
NPONGOで働く

学生と社会を「ボランティア」でつなぐ裏方役、明治大学ボランティアコーディネーター和田更沙さん

明治大学和泉ボランティアセンターには、ボランティアに興味がある、相談のある学生が、年間約4000人訪れる。NPOの広がりとともに、「ボランティアに興味のある学生」は年々増加傾向だ。 和泉ボラセンを訪れると、掲示板には、「森で間伐」や「...
まちづくり

障がい者も安心して町に出られる社会作りに必要な「ガイドヘルパー」とは?

ガイドヘルパー(移動介護従業者)は、障がいがある人の外出を支援する制度だ。東京都大田区でガイドヘルパーの派遣を行うNPO法人風雷社中は、「障害を理由に選択肢が減ることなく、安心して町に出て、自分らしく食事や遊びなどを楽しむことができる社会作...