2016-04

環境・農業

実効性ある違法伐採対策法の導入を!―無責任な木材消費国との批判を受けないために

2016年3月31日、FoE Japanを含む市民団体18団体、個人17名は、現在国会議員の間で進められている違法伐採対策強化のための新たな法規制の導入に向けた議論について、実効性を担保するために欠かせない要素を記した声明を発表しました。 ...
イベント・セミナー

5/22 歩く国際協力「 Walk in Her Shoes 2016」参加者募集

東京チャリティウォークーあなたのその一歩が、彼女たちの未来を変えるー 歩く国際協力「Walk in Her Shoes」とは、歩くことが社会貢献につながる「チャリティウォーク」で、途上国の女性や女の子たちが水汲みや薪運びのために毎日歩...
環境・農業

<石炭火力発電No>「日本は融資拒否を」度重なる人権侵害に地元・世界から抗議の声

日本の国際協力銀行(JBIC)が巨額の公的資金を投じて進めようとしているインドネシア・中部ジャワ州バタン県の石炭火力発電所は、長年にわたり農業・漁業を営んできたの村人の生活を一変させようとしている。東南アジアではインドネシアだけでなく、ベト...
イベント・セミナー

GW以降にボランティアニーズ増加 「いまは関心を持ち続けて」

熊本地震のボランティア募集が始まっているが、ニーズが増加するのは、ゴールデンウィーク以降になりそうだ。余震が続く現地では、二次的災害が出ないように「応急危険度判定」を実施している。倒壊の不安がない家からボランティア受け入れを行うため、家屋の...
イベント・セミナー

「熊本地震(大分)震災ボランティアミーティング~いま、できることは何か?~」 参加者募集

1.趣 旨  平成28年4月14日(木)から発生した「熊本地震」は、熊本、大分を中心に、人命、地域に大きな被害をもたらしました。現在、被災地を支援するために多くのボランティ活動が準備されています。 本「熊本地震(大分)震災ボランティア...
国際協力・国際交流

エクアドル地震、ユニセフが15万人の被災した子どもへ支援開始

南米エクアドルで、16日夜、マグニチュード7.8の強い地震があった。沿岸部を震源とする地震は、首都グアヤキルを含む6つの州に甚大な被害が出ている。これまでに413人が亡くなり、2600人以上がけがをした。がれきの中から救助は続いており、死傷...
イベント・セミナー

横浜でダウン症のある人と一緒に歩く、「チャリティウォーク」参加者募集

ダウン症の人は知り合いにいますか?ダウン症のことを知っていますか?横浜で、4月23日にある「チャリティウォーク」は、ダウン症のある人と、横浜の山下公園を一緒に歩き、「相手の存在や能力を認め合えるような機会を作る」ことを目的としたイベントです...
医療・介護

避難所でたまるストレス、育児中の母親にも配慮を

育児中の母親にとってプライバシーのない避難所生活は、ストレスもたまりやすい。熊本県、大分県では、すでに19万人を超える避難者が出ている。長引く可能性のある避難所生活は、高齢者や障がい者だけでなく、赤ちゃんのいる母親たちにも周囲からの配慮が必...
国際協力・国際交流

熊本地震で、NGOがレスキューチームの派遣を開始

熊本県で14日に最大震度7を観測した地震で、広島に拠点をおく、国際協力NGOのピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、災害救助犬、レスキューチームの派遣を開始した。 災害時の救助には、初動が重要となる。PWJは、地震発生から、約2時間後...
国際協力・国際交流

ヨーロッパへの道をすべて閉ざされたシリア難民、NGOが支援

シリア難民の一つの希望が閉ざされた。4月4日、欧州連合(EU)とトルコ政府が、正式な手続きをせずにギリシャに渡ったシリア難民に対し、トルコへの強制送還を開始した。ヨーロッパを目指す8割の難民が、トルコからギリシャを通過するルートを利用してい...