4/2 世界自閉症啓発デーに障がいのある人と一緒にイベントを盛り上げるボランティア

2017/03/21 NPO新聞編集部


毎年4月2日は「世界自閉症啓発デー」です。女優の東ちづるさんが理事長をするGet in touchは、いろいろな人が混ざり合う多様性のある社会を目指し「Warm Blue Day」というイベントを開きます。

渋谷区内各所で行うさまざまなイベントでは、NPO法人ピープルデザイン研究所が障がい者の就労体験を行います。ボランティア内容は障がい者と一緒にイベントを盛り上げるものです。

ピープルデザインは障がいがあってもなくても人々が自然に混ざり合う「まち」をデザインすることを目指しています。日本の社会はこれまで、障がい者などのマイノリティを分離してきました。働く場も生活する場も施設の中。閉鎖的な生活を送ってきました。

違いを知り、違いを認め合い、誰もが生きやすいダイバーシティなまちをつくるため活動しています。

※詳細、申し込みはピープルデザインへ
http://www.peopledesign.or.jp


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2017/03/21