ゴミ拾いボランティアとは【ボランティア・NPO用語】

ゴミ拾いボランティアは一番手軽に、誰でもどこでもできるボランティアです。活動場所は街でのゴミ拾い、川や海辺、山、スポーツ会場などさまざまです。

自分たちが住む街をもっとキレイで、もっとカッコイイ街に

ゴミ拾いにはつまらない・やらされているというイメージも根強くありますが、グリーンバードというNPOが掲げるように「きれいな街は、人の心もきれいにする」や「自分たちが住む街をもっとキレイで、もっとカッコイイ街にするために」という気持ちで取り組むとゴミ拾いのイメージも変わるでしょう。

スポーツとゴミ拾いを組み合わせた「スポゴミ」

活動が終わって、拾ったゴミの量やきれいになった街や海辺を見ると達成感もあります。達成感や連帯感を活かして、スポーツとゴミ拾いを組み合わせた「スポゴミ」という活動をする日本スポーツGOMI拾い連盟という団体もあります。

ゴミ拾いと自然教育

河川でのゴミ拾いを行う荒川クリーンエイド・フォーラムは、ゴミ拾いと自然教育・自然体験を組み合わせた活動を行っている団体です。ゴミ拾いボランティアは場所も手法も、多様になってきています。ゴミ拾いも拾うことが目的ではなく、自然を守るためや自分の街をきれいにしたいという思いをもって活動することで、ボランティア仲間もでき楽しい活動となっていきます。

この記事について質問やボランティアの相談がありましたら以下フォームからご連絡ください。

----------------------
・お名前

・メールアドレス

・ご職業・ご所属(大学生・会社員など)

・年代

・記事のタイトル(どの記事に関する質問か分かるように必ずご記入ください)

・質問・相談内容

確認送信画面へ進む
 
----------------------

2016/10/01 NPO新聞編集部

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2016/10/01 NPO新聞編集部