障がいのある子とプログラムを楽しみながら過ごすボランティア募集

放課後NPOアフタースクールでは、子どもたちが放課後を楽しく豊かに過ごせるように「預かり(学童保育)」と「体験(プログラム)」を提供しています。今回のボランティア募集は、障がいのある子とスポーツをしたり、音楽やアートプログラムをしたり、楽しい時間を共有するという活動です。

障がい児の預かりには、子どもたちに豊かな体験をしてもらうと共に、保護者が休息できる時間を作ることも目的にあります。障がい児を家族だけで育てることは大変ですが、地域の人たちみんなが少しだけでも協力できれば、安心して過ごせる社会に近づくでしょう。

日時:2016年1月30日(土)、2月27日(土)、3月26日(土)、3月28日(月) 各11:00~17:45
場所:港区障害保健福祉センターヒューマンぷらざ

内容:子どもたち(小学4年生〜高校3年生)と一緒にプログラムを楽しみながら、一緒にお過ごし頂きます。一部介助などの業務もあり。
当日のプログラム内容:スポーツや音楽、芸術などを子どもたちと一緒に楽しみます。
※過去支援活動の報告ブログ

募集人数:各10名程度
詳細:http://www.tvac.or.jp/tuna/36942.html

〜〜〜〜〜〜基本情報〜〜〜〜〜
■団体名:特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール
■設立年月日:2009年6月10日
■職員数:コアメンバー 20名 
■所在地:東京都港区新橋6-18-3 中村ビル2F
■TEL:03-6721-5043  FAX:03-6721-5044
■ウェブサイト:http://npoafterschool.org/
〜〜〜〜〜〜基本情報〜〜〜〜〜

2015/12/27 NPO・CSR ライター 辻陽一郎

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2015/12/27 NPO・CSR ライター 辻陽一郎