談志のこごと

2013/07/11 NPO・CSR ライター 辻陽一郎


談志のこごと
ハッキリいやぁ同情を自覚した時から差別が始まり、それを、同情の量の厚さを親切と称して、差別をなくそう、埋めよう、としているところに無理が生じる。どう考えたって同等に扱えない部分を持ったものに対して、それを同等にしようとする矛盾。
それをお互いが認め合っての上なら解決の道もあろうが、はなからそれは良くないことで、同等という見地から約束を発想しなければ弱者救済はできないだの、差別は無条件でよくないの、、、


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2013/07/11