難民映画祭が9/30から開催、シリア難民などの作品を上映

2017/08/06 NPO・CSR ライター 辻陽一郎

Refugee Film Festival

Refugee Film Festival


国連UNHCR協会が開催する「難民映画祭」が今年も開催することが決まった。難民をテーマにさまざまな作品を集める。今年は、シリアを逃れ難民となった子どもたちを4Kカメラで撮影した「シリアに生まれて」など13作品を上映予定だ。

UNHCRが発行する「GlobalTrend2016」によれば、難民の数は約2250万人。国内避難民は約4030万人。庇護申請者を含めると、紛争や迫害を逃れ、家を追われた人の数は約6560万人になる。1分に20人が、紛争や迫害等により避難を余儀なくされたことになる。

シリアが最も多く、アフガニスタン、南スーダン、ソマリアなどアフリカ諸国も増加傾向にある。アジアではミャンマーの数が多い。難民が次のステップに進む選択肢の一つが第三国定住だ。2016年には18万9300人が、第三国定住で新たな生活をスタートしている。

難民映画祭は、ニュースや情報としてだけではなく、難民の今を映像として見ることができる機会です。ぜひ一度訪れてみてください。

——————————–
【国連UNHCR難民映画祭2017」概要】
【公式サイト】unhcr.refugeefilm.org
【お申込・ご入場について】
入場は無料ですが、ウェブサイトからの事前お申込が必要です(抽選制)。
お申込締切日は、地域ごとに異なります。詳細は公式サイトをご覧ください。当日券を若干数ご用意しています。
【スケジュール】
東京
9月30日(土)、10月1日(日)スパイラルホール
10月2日(月)~6日(金)渋谷ユーロライブ
10月7日(土)~9日(月・祝)イタリア文化会館
札幌
10月14日(土)、15日(日)札幌プラザ2.5
名古屋
10月21日(土)、22日(日)イオンシネマ大高
大阪
10月28日(土)、29日(日)大阪ナレッジシアター
10月28日(土)、29日(日)朝日生命ホール
福岡
11月4日(土)、5日(日)レソラNTT夢天神ホール
広島
11月11日(土)広島平和記念資料館「メモリアルホール」
11月12日(日)広島国際会議場「ヒマワリ」

【主催】国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所、特定非営利活動法人国連UNHCR協会
【パートナー】独立行政法人国際協力機構(JICA)
——————————–


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2017/08/06