[参加者募集] 4/24 レバノンでのシリア難民への緊急越冬支援報告会

2011年に「アラブの春」の一環で始まったシリア内戦の開始から、3月で7年を迎えます。レバノンには150万人のシリア人が暮らし、安全な避難先を求めて山を越えてレバノンにやってくるシリア人も後を絶ちません。

特定非営利活動法人パルシックは2016年から、レバノンのシリア難民への食糧配布、越冬支援、子どもの教育などの活動を続けています。2018年1月~2月にかけて、バアルベック・ヘルメール県北部の標高1550mにあるアールサールのキャンプで暮らす439世帯のシリア難民に、灯油を配布する緊急越冬支援を実施しました。アールサールは危険地域とされ十分な支援が届かず、シリア難民たちは寒さが厳しい時期に灯油すら買う経済的ゆとりもない中で、身を寄せ合って暮らしていました。

この報告会では、現場を目の当たりにした現地スタッフの熱い想いから始まったこの灯油配布支援の様子やシリア難民の暮らしについて、パルシックのレバノン駐在員でシリア難民支援事業を担当する岡崎文香さんが話します。

▽ お問い合わせ・詳細
https://www.parcic.org/news/events/13134/

■開催概要
日時:2018年4月24日(火) 18:30~20:00(開場 18:00)
参加費:無料
定員:30名 ※要予約
会場:毎日メディアカフェ
アクセス:東京メトロ 東西線 竹橋駅 直結

■登壇者
岡崎文香(おかざき・あやか)

パルシックレバノン駐在員。NGO東京事務所勤務、青年海外協力隊(村落開発普及員、エルサルバドル)、UNHCRベネズエラ、NGOスリランカ駐在などを経て、2016年4月からパルシック東京事務所で西アジア事業を担当。2017年10月からレバノン駐在。

タグ: ,

2018/03/25 NPO新聞編集部

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2018/03/25 NPO新聞編集部