9.14開催 パルシック 占領下のパレスチナ-未来へつなぐ農業

パルシックはイスラエル占領下のパレスチナ西岸地区ジャマインにて、循環型農
業の形成を目的とした事業を2016年より実施しています。人や物の移動が著しく
制限されているパレスチナで、持続可能な農業を進めるために、ゴミを堆肥とし
て活用し地域内の自立を目指しています。この事業を指導する農業専門家で、自
身も西岸でオリーブ農園を営むサーデクが来日し、パレスチナの農家が抱える問
題や人びとの暮らしについてお話します。
サーデクを囲んで、会場との意見交換の時間もたっぷり設けます。

■ 開催概要
開催日時:2018年9月14日(金)18時半~20時半(開場 18時)
会場 :連合会館 5F 501会議室(千代田区神田駿河台3-2-11)
参加費:一般 1,000円/パルシック会員 800円
(フェアトレードの飲み物1杯つき、アラビア語⇔日本語通訳あり)
定員 :30名 ※要予約
登壇 :サーデク/Sadeq D.R.Amer
(パルシック西岸事業担当、PARC(パレスチナ農業復興委員会)農業専門家)
主催: 特定非営利活動法人パルシック

アクセス:http://rengokaikan.jp/access/
千代田線 新御茶ノ水駅すぐ、丸ノ内線淡路町駅・都営新宿線小川町駅(徒歩3分)、
JR中央線・総武線 御茶ノ水駅 聖橋口(徒歩5分)

■ スピーカーの紹介
サーデク/ Sadeq D.R.Amer
1958年西岸地区のセルフィート生まれ。35年以上のキャリアを持つパレスチナ人農業専門家。エジプト、ヨルダンで農学を専攻後、現地の老舗農業系 NGO、PARC(パレスチナ農業復興委員会)の特別顧問として占領下パレスチナの農業を支える。趣味はボランティアでの人助け、ヨルダン川西岸地区の農家から全幅の信頼を置かれている。

■ お申込み・お問合せ
メール、Web、お電話にてお申込ください。
特定非営利活動法人パルシック 担当:中村
Tel: 03-3253-8990 Mail: office@parcic.org
Web:https://www.parcic.org/access/#contact

タグ: , ,

2018/09/06 NPO新聞編集部

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2018/09/06 NPO新聞編集部