小児がんの現状を理解し、 支援の願いをこめたウオーキングイベント参加者募集中

2016/04/06 NPO新聞編集部


小児がんの現状を知ってもらうために、「ゴールドリボンウオーキング2016」を、4月23日、東京・日比谷公園で開催する。主催は、ゴールドリボンウオーキング実行委員会。「小児がんに対する医療体制の不備」や「社会的偏見」などの問題を解決するために、2007年に初めて開催した。

小児がんとは、一般的に15歳以下で発症するがん(悪性腫瘍)のことを呼ぶ。毎年2000人から2500人ほどの子どもたちが、新たに小児がんと診断され、年間500人近い子どもたちが亡くなっている。ゴールドリボンウォーキングでは、小児がんを知ってもらうと共に、支援の願いを込めたイベントだ。ウオーキングだけでなく、チャリティーバザーなども開催される。

参加費全額が、小児がん支援団体および小児がん患児のために役立てられる。

開催日時: 2016年4月23日(土)
場所 : 東京都・日比谷公園
時間 : 10:00 ~ 14:00(予定)※9:00受付開始

●ゴールドリボンウオーキング2016公式サイト
http://www.gold-ribbon.jp/


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2016/04/06