障がいのある人もない人も楽しめるエンターテインメント「バリアフリー映画上映会」

障害のある人とない人を区別することが、バリア。障害のある人もない人も一緒に楽しむことができるのが、バリアフリー映画だ。12月6日に立教大学新座キャンパスで、12月19日に明治大学和泉キャンパスで「バリアフリー映画上映会」が開催される。

映画を見ることが困難とされる目が不自由な人でも、音声ガイドがあれば、映像を想像して楽しめる。耳が不自由でも、字幕や手話があれば楽しめる。大学では、誰もが楽しめる映画を作りたいという学生が中心になって、バリフリー映画上映会を企画している。

大学の中でバリアフリー映画を企画することには、2つの役割があるだろう。日々お世話になっている大学周辺の地域の人たちに楽しんでもらうという意味合いが一つある。もう一つは、学生の学びのためだ。障がいのことを知ることや理解することは、社会に出る前の学生にとっては素晴らしい経験になる。これからの時代、多様な価値観をもつことはとても大切なことだ。バリアフリー映画上映会を見て、さらに企画をすることで、価値観のバリアもなくなっていくだろう。

立教、明治ともに一般に参加者募集がされている。まだバリアフリー映画を見たことがない人も参加ができる。今年の締めの映画には、音声ガイドや字幕朗読つきのバリアフリー映画がおすすめだ。

●立教大学 バリアフリー映画上映会 「だれでも楽しい映画会2015」

日時 12月6日(日)13:00〜16:30(開場13:00)
場所 立教大学新座キャンパス 8号館 N8B1教室
上映作品 『グース』(原題:Fly Away Home)
http://www.rikkyo.ac.jp/support/volunteer/events/info/2015/10/16839/

●明治大学 視覚障がいの方と一緒に楽しむ「バリアフリー映画祭」

日時 12月19日(土)13:30~15:30(開場13:00)
場所 明治大学和泉キャンパス 図書館1階ホール
上映作品 『3人のゴースト』(原題:Scrooged)
http://www.meiji.ac.jp/campus/volunteer/info/2015/6t5h7p00000k37dy.html

2015/12/04 NPO・CSR ライター 辻陽一郎

ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2015/12/04 NPO・CSR ライター 辻陽一郎