5/14、ノーベル平和賞受賞者と児童労働を考えるシンポジウム開催

2016/04/12 NPO新聞編集部


2014年、ノーベル平和賞をマララ・ユスフザイさんと同時受賞したカイラシュ・サティヤルティさんが、5月、初来日する。インドではマザーテレサ以来となるノーベル賞受賞者のカイラシュさんは、30年以上、児童労働の解決に取り組んできた。日本で児童労働問題の活動をする認定NPO法人ACEは、5月14日、文京学院大学で、児童労働のない未来を考える公開シンポジウムを開催する。

カイラシュさんは、1981年に、BBA(子ども時代を救え運動)を設立、児童労働問題を解決するための活動を行ってきた。1988年に実施した「児童労働に反対するグローバルマーチ」には、多くの人々が賛同し、世界103ヶ国で行われた。ACEは、「児童労働に反対するグローバルマーチ」を日本でも実施するため、1997年に立ち上がった団体だ。

5月14日のシンポジウムには、モデルの鎌田安理紗さん、株式会社イースクエア共同創業者のピーター D. ピーダーセンさん、ACE代表の岩附由香さんが、パネリストとして、カイラシュさんと共に、児童労働を終わらせるために、一人ひとりにできることを考える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私からはじまる児童労働のない未来
~ノーベル平和賞受賞者カイラシュさんの問題解決の方法とは?~

日時:2016年5月14日(土) 16:00~19:00(開場15:00)
場所:文京学院大学 仁愛ホール (東京都文京区)
参加費:事前申込み:1,000円(5月9日までの事前申込受付分まで)
    当日受付:1,500円 ※高校生以下無料
詳しくは⇒ http://acejapan.org/info/event/160514
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2016/04/12