Gakuvo、博多発着の熊本地震ボランティア募集開始!

2016/05/07 NPO新聞編集部

熊本地震ボランティア募集


最大10連休となったゴールデンウィークには、事前の予想通り多くのボランティアが熊本県を訪れた。災害ボランティアセンターでは、朝から1000人近くのボランティア受付を行ったが、受け入れ打ち切りとなりしぶしぶ帰る人もいた。

だが、ボランティアが必要となるのはゴールデンウィークが終わったこれからだ。日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)では、5月21日からボランティアプログラムを開始する。

Gakuvoは東日本大震災においても活動を行い、現在も継続して福島県でボランティアプログラムを実施している。災害ボランティアのコーディネートには知見のある団体だ。熊本地震では、ボランティアコーディネートを行える団体・個人が足りずに、ニーズがあっても、応えられていない状況がある。東日本大震災でも活動したNPO・NGO団体らは、現在プログラムを準備中だ。

まずGakuvoがボランティアプログラムを開始する。5月21日から22日で第一陣。28日から29日で第二陣を募集する。出発は、福岡県の博多駅。活動場所は、熊本県益城郡益城町だ。主に、被災した家屋の片付けなどを行う予定となっている。

詳細、申込は以下を参照。
http://gakuvo.jp/event/3769.html


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2016/05/07