3月8日は国際女性デー。女性の権利を訴える日?女性に感謝をする日?

2016/03/09 NPO・CSR ライター 辻陽一郎

国際女性デー、ミモザの花

国際女性デー、ミモザの花


国連が1975年に、3月8日を国際女性デー(International Women’s Day)と定めた。国際女性デーの起源は、アメリカのニューヨークで女性の参政権を求めてデモを起こしたことと言われている。以来、この日には、世界各地で女性の権利を訴えるデモが行われている。

アムネスティ・インターナショナルは「今、あなたに知ってもらいたい『6つのこと』」として、世界で改善されていない女性の不平等な立場を訴えた。チリやアイルランドでは、中絶が違法とされていること。エルサルバドルやニカラグアでは、流産でも牢屋に入れられてしまうこと。アフリカのブルキナファソでは、18歳未満の少女が強制結婚させられていること。
(出典:アムネスティ・インターナショナル http://bit.ly/1ppc4fi

女性が政治に参加する権利、参政権は世界中で定められてきた。しかし、まだ性差による不平等が国の制度として色濃く残っているところもある。国連事務総長は、「私は女性と女児の権利の否定に引き続き大きな憤りを覚える一方で、女性のエンパワーメントは社会の前進につながるという確かな知識に基づき、各地で行動する人々の姿を心強く思っています」と、メッセージを発した。

一方、ヨーロッパには、政治的な意味合いはなく、男性から女性に感謝をする日とする国もある。イタリアでは、ミモザの日と呼び、黄色の花「ミモザ」を、感謝を込めて恋人や友人、家族などの女性にプレゼントをする。ロシアは3月8日を国民の休日と定めている。


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2016/03/09