NPOってNPO法人のことではないの?

2015/11/16 NPO・CSR ライター 辻陽一郎


NPOという言葉は広いです。辞書で調べると、以下のように書かれています。
「民間非営利団体。政府や企業などではできない社会的な問題に、非営利で取り組む民間団体」(出典:デジタル大辞泉)

つまり、民間(行政ではなく)で、非営利(企業ではなく)の活動をしている団体ということです。そのため、公益社団法人、公益財団法人、社会福祉法人、市民活動グループなどの中で、「NPO」と自ら名乗っても問題ありません。例えば、東北の被災地など災害支援を行うCivic Forceは、公益社団法人ですが、ラジオ番組で「NPO」と呼ばれています。

災害支援のプロ、NPO「Civic Force」(TOKYO FMウェブサイトより)

人に伝えるときに「NPOの○○です」という方が「公益社団法人の○○です」というより一般的に分かりやすいという理由で説明するときに「NPO」と使うということもあるでしょう。また、NPOに寄附を集めるサイトで、「NPO」として登録することもあります。公益社団法人の日本フィランソロピー協会もNPO団体一覧に掲載されています。
寄付を集めるファンドレイジングサイト JapanGiving(ジャパンギビング)

他にもAdobe製品などのソフトウェアを寄贈しているTechSoup Japanでは、寄贈団体の条件として、「法人格をもった非営利法人であること」として、特定非営利活動法人、公益法人(公益社団法人、公益財団法人)、社会福祉法人をあげています。

法人形態ごとに少しずつ特性があるので、それぞれの団体が活動に合った法人形態を選んでいます。大切なことは、NPO法人でも、公益社団法人でも、法人形態に関わらず、日々、社会の課題解決に取り組んでいるということです。

もし、NPOでボランティアしたい、NPOで働いてみたい、と思ったら、NPO法人だけではなく、上にあげたような法人からも探してみるといいでしょう。


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2015/11/16