大学生が海外ボランティアにいこうと思ったら、まずやること(あの国マガジン)

2014/10/08 NPO・CSR ライター 辻陽一郎


大学に入ったら「アルバイトでお金を貯めて海外へ行きたい」、しかも「旅行ではなく海外でなにかしたい」。

英語を上達させたい人は留学へ、海外で働く経験をしてみたい人はインターンシップやワーキングホリデーがあります。近年は「なにかしたい」という動機から、海外ボランティアへ行く大学生も増えてきています。

海外ボランティアを選ぶ学生の目的はさまざま。「誰かの役に立ちたい」というだけではなく、「現地の子供たちと触れ合いたい」や「都会ではない現地の生活を見てみたい」という人も多く、旅行では行かないその国のリアルな面を知りたいという人が多いです。

それでは、海外ボランティアへ実際に行こうと思ったらどうすればいいのでしょうか。

●海外ボランティアにもいろいろある。NPO?NGO?JICA?旅行会社?

ざっくりというと海外で行うボランティア活動のことですが、中身は主催団体によってまったく異なります。
主催団体の種類を大きく分けると
・海外ボランティアプログラム事業をメインに活動するNPO団体
・国際協力活動を行うフィールドで体験プログラムを作るNGO団体
・旅行会社
・JICAの青年海外協力隊
・他にも学校が主催したり、学生団体が主催したりと多様なチョイスがあります。

[記事全文(あの国マガジン)]


ボランティアやNPO/NGOについて詳しく相談!

記事を読んでNPOやボランティア活動に興味をもった人、ボランティアの始め方が分からない人、どういうボランティアが他にあるか知りたい人、一度ボランティアコーディネーターにご相談ください。メールでお返事します。NPOやNGOに関わってみたいけどどうしたら良いか分からないなど、どんな質問でも構いませんので、お気軽にフォームからご相談ください。個人の方は無料でご相談を受付けています。

2014/10/08